School TV DREAM TRAIN MIKIKO先生インタビュー

これは先週1週間放送があったようなんですが、全然聴けてなくて、動画とか上がってるかな?と期待したけどあまり無く、諦めかけてたらホームページでバックナンバーが聴けました!

School TV DREAM TRAIN  MIKIKO


まずは、紹介
150714_0.jpg
150714_1.jpg



150714_2.jpg

秀島)演出振付家とは?振り付け師とは違う?
MIKIKO)ライブ演出を手がけて、振り付けを当て込んでいく、演出振付家として勝手に名前付けした

秀)ダンスを始めた切っ掛けは?
M)中学のバトン、高校でダンスの先生と出会った。

秀)ダンスの先生を、この人だ!と思ったのは?
M)バレエとヒップホップの先生を同時に同じ舞台で見つけて、音楽を可視化している、と感動を覚えたから。

秀)広島での活動は?
M)その2人の先生に教わりながら、その間のジャズダンスを教える先生が居なかったので、教えていた。
その後、アクターズでも教えるようになった。

秀)先生のレッスンはどんな感じだったんですか?
M)最初は声を出す所からやって、何が自分らしさなんだろう?みたいなのを模索しながら教えてた。



150714_3.jpg

2000年に大きな転機が

M)東京に MAX のバックダンサーのオーディションがあるけど?と誘われて、受けたら受かってしまった。
(なんと、MKIKO 先生、MAX の後ろで踊っていたと!(^_^;))


M)東京で振り付け以外のライブの作り方なんかもそこで見れて、それを広島に伝えられる役目を果たせたのが大きかった。

秀)Perfume との初めての出会いは?
M)彼女達が5年生の時だったので、キャピキャピの元気な女の子達で、人一倍努力をしていた。
  絶対夢は叶うんだ!っていうのの強さがいい意味で異常だったw



150714_4.jpg

秀)演出の仕事に目覚めた切っ掛けは?
M)2008年、広島で、ドレスコード という演出をやった時、舞台では見えなかった部分を凄く感じて、人の魅力を引き出す役になりたい!というのが凄く分かった時があった。

秀)演出をすることによって、ダンスを観る目が変ったんでは?
M)客観的に引いてみて、踊る人も気持ちよく、観る人も気持ちよく、の間に立つ人になれたかな?というのはあります。

秀)演出に必要なのは?
M)ステージに立つ人の気持ちは分かった上で提案しなくてはいけない、と思ってる。
  ダンサーとしてもきちんとしていないといけない、と思っている。



150714_5.jpg

秀)2006年、ニューヨークに留学しました。
  演出はどうやって学んだんですか?
M)独学ですね。
  ニューヨークでいろいろな舞台を見てきたのは大きいですけど。
  曲に忠実に、あと、ファンの人が求めているものに耳を傾ける。
  時間が空いたら舞台を見たり、美術館を見たり、どういうものが好みなのか?というのに耳を傾けるようにしてます。


秀)ニューヨークではどういう生活を?
M)午前中は学校で英語、午後、ダンスレッスン、その後チケットセンターにならんでミュージカルやお芝居をみてレポートを書く言う生活をしてました。

秀)印象に残っている舞台は?  
M)フエルサ ブルータ っていう、セリフも歌も無く、身体表現だけで見せていくという、パフォーマンスアート に感銘を受けた。

秀)日本と違うな?と感じましたか?
M)血が違うな、と思いました。
  本場のヒップホップと日本人が真似してるヒップホップとは全く違って、真似するのも恥ずかしいと思ったし、日本人の体系に合った振り付けをしたい、と強く思いました。



150714_6.jpg

秀)日本人にどういうダンスが合ってると感じましたか?
M)手足も短いし、体型の不利な部分を見せないように研究しないといけないな、と思ったし、日本人には緻密で細やかさを追求した方がいいな、という結論に。

秀)ニューヨーク 時代のPerfume との関係は?
M)ビデオレターで振り付けを送っていた。
  その時は売れてなくて、帰ってきたら Perfume が売れてたw

秀)彼女たちとその後の仕事で印象に残っているのは?
M)帰国後、初めて直接振り付けをしたのが、love the world で、そこでやりたい振りの細かさを発揮した感がある。

秀)振り付けはどうやって作る?
M)歌詞を見て、一番最初に感じた印象に忠実に振付けるようにしてます。
  自分だけの譜面を書きます。
  それを見ながら体を動かしていく。

秀)将来ダンサーになりたい!という人にメッセージを
M)昔は先生も少なかったし、動画も無かったので、自分なりに研究して得たものがあったんですけど、今は誰でもすぐ上手くなれるけど、もしかしたら、個性とか、どうやったら人と違って見える?という研究心とかが、もしかしたら薄まってるのかな?と思うので、その辺りを見失いようにできたらいいんじゃないかな?と思います。



過去にいろいろ聞いたことがある話でしたが、今聴くと、また感慨深いですね。

しかし、MAX のバックダンサーやってたとは知りませんでした。

検定には出ないとは思いますがwww
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/14 00:07 ] RADIO | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://perfume0is0the0best.blog.fc2.com/tb.php/824-a2fce73d