QuickJapan Vol.74 (2007年9月) -2

こちらも検定前に読んでおきたかった本の続きです

前回は、
QuickJapan Vol.74 (2007年9月) ポリリズム 発売記念 イベントレポート
で書きました。

141215.jpg



続いて、インタビュー編


アクターズスクール広島はテレビ広島がやっている組織なんです。

(確かに、中の一室だったけど、今もそうなのかな?)



のっち は SPEED になりたかった
SPEED みたいになる、じゃなくて、SPEED になる!

エレベーターでのスカウトは、実はすごくいろいろ話し合って、綾乃ちゃんがいいんじゃない?みたいな。
で、3階から1階に降りる短い時間で、
あ)あのさー、Perfume 入らない?
の)Perfumeの2人かわいいし、一緒にやりたーい!
  みたいな感じですぐOKしました。

(広島に行った時乗ったあのエレベーター。
 感慨深いです
 でも熟考された結果のはずが、 かしゆか は知らなかったらしい(^_^;))



最初に仲をf深める為に あ~ちゃん ちにお泊り
あ~ちゃん がお風呂に行っている間、残された かしゆか と のっち が気まずくて、ずっと あ~ちゃん の携帯の暗証番号を解いていたという有名な話

話が進まず、沈黙が続いて、会話は、
「ねえ?解けた?」
「ううん、解けなーい」 
だけ、

でも、のっち はあまり気にならなかった。
かしゆか はすごく気になった、と。



あ)東京に来て、常に広島に帰りたかった
  上京して、いきなり3曲収録して、超大変だった。
  おいしいレシピ は凄く速くて、音も細かいんです



中田さんの印象は?

の)喋らない、厳しそうな印象

か)うかつに話し掛けれない単語で喋るんですよ。
  「はい、次、A2 」とか
  怖いなぁ、と思ってたw

あ)初めて話した時は、宇宙エレベーターができる、って話をすごく楽しそうにしてたのが印象的でした。

(ん?宇宙エレベータの話?
 なんか気になる
 ⊿ツアーの頃のMステの背景で、宇宙エレベーター、みたいのをやったけど、その話からのあれだったのかな?)



あ)下積み時代は、名前だけでも覚えて帰ってください ばかり言ってました。
  サンストでは他との差を何かつけなくては!と思ったとき、トークが凄い大事だと気がつきました。

(あのトークは、意識的にやってたんですね
 当時、ちょっと強引は感じもありましたけど、特徴があったことは確かですね)




---順調に活動を重ねて、「パフュームのドッキ・ドキ・オンエア」広島RCCラジオ(2014.8月~2006、3月 も始まります)

か)この番組ではいろんなことがやれました。
  スタッフさんに、「引力」をアコギで弾いてもらって歌ったり、電話中継しながら外でお買い物したり、神社にお参りに行くとかw

(アコギで「引力」!
 コンピューターシティ は聴いたことあるけど、これは初耳!)



か)メドレーをやるとか、ライブのイメージで曲を集めるのも自分達でやります。
  Perfume ってすごく自由なんですよ。

(この頃から自分達でセトリを考えていたんですね)



かしゆか も あ~ちゃん もプリキュアにハマっている、と。



---掟ポルシェさんと共演した、申し訳ナイト ではデコレーションケーキやラーメンを作ったりとか

あ)ぼったくりだったんです。
  超薄いケーキが350円とか(^_^;)

の)掟さんは反面教師みたいな感じだねw




---2005年の O-WEST でメジャーデビューしましたね

の)凄く覚えてます。

あ)いきなりモノトーンの衣装を着せられて、あんまり受け入れられなかったです。

か)衣装どんなんだろうねぇ?
  やっぱりさ、白いワンピースとかがいいよね、って話してたら、真っ黒が来たんで、
  なんで?本当にこれ?
  ってなりました。




---リニアモーターガール で音楽的な変化は感じなかった?

あ)凄く感じました。
  リニアモーターガール しか言ってないんですよ。
  tiny tiny ハートウィルス とか、意味が理解できなくてw

(そんな歌詞だったのか・・・しっかり聴いてなかったw)



の)PV撮影が大変でしたね。
  初めてそこで、「笑わないで」って言われました。

(まあ、メイクも凄かったですからね(^_^;))




---アキハバラブ について

か)あれはひらがなの ぱふゅーむ としてやりました。

あ)ストリートでやる時も、自分たちの別物として、
  今はひらがなの ぱふゅーむ です。
  ここからは、英語の Perfume です。
  って分けて言ってました。

(これは初耳)



か)こちらの活動はいろいろ取り上げてもらったけど、大盛況、っていうのは嘘ですね。
  スタッフさんが話を大きめにしてたんですよ。
  大人は話を大きくしますよね・・・

(んーー、葛藤があったんでしょうね)



あ)打ち水大作戦は桃井さんのお陰。

の)でも、すぐ居なくなっちゃったよねw
  「やっぱり桃井だな」って帰っちゃう

あ)いい経験になりました。



あ)コンピューターシティの頃から自分たちのCDを買い始めたんですよ。
  テクノが好きになって、いろんな人に聴いてもらいたい、って心から思えるようになった。

---それまでは?

あ)できれば観て欲しくないw
  できれば聴いて欲しくないw

か)ライブにも呼びたくないw

(そんな気持ちの中、ビラ配りとかほんとうに大変だったと思います(T_T))



あ)武蔵野芸術大学の芸術祭 2006.10月 に出演させてもらってから、ファンの方が凄く変わりました。

か)最近のテクノが好きな若い世代の方に聴いてもらえるようになりました。

(あの、 かしゆか が舞台から落ちたイベントですね)



ポリリズム の話

あ)中田さんが リサイクル と言うテーマで曲を作ってくれたことが奇跡ですね。 
  多分やけくそなんだと思いますw
  中田さんは自分のものを作りたい、っていうのがあるから・・・

(そんな奇跡的な感じだったんですねw)



か)自分の作った作品でも、「昔の曲はもう嫌」っていいますからね。

の)ジューシーフレグランス (2005年8月にイベントで披露した未発表曲)っていう曲があって、中田さんがちょっと間違えてデータを消しちゃって発表できなくなったんです。
  あとでもう一回やりたいです、って言ったら、昔の曲だから嫌だ、って

(中田さん、そんなミスが・・・(^_^;))


その時の話がw 一瞬の あ~ちゃん の鼻歌が
https://youtu.be/6PTn32-Elp4
POPな感じでいいかも?
一番好き!って言い切ってるしw



の)中田さんは作った楽曲も覚えてないし、過去には囚われない人なんだと思います。

(やはり中田さんが一番謎ですw)




--- ポリリズム の印象は?

か)ポリリズムというリズムを知らなくて、ポリはポリエチレンとかかと思ってました。
の)リサイクルの歌だから、ポリがリズムで回ってるよ、って言うことだと思ったんですよ。

(でました、ポリバケツと思ってたというエピーソード)



---今後もし、違う感じの曲を歌うとしたら?

あ)ロックバンドやりたいですね。
  ビジュアルバンドとかw
の)メイクをしてちょっとダークな格好をしたり。
か)3人で作詩をしてみたい。
  
(なるほど、 あ~ちゃん だけじゃなく、3人で思ってたんですね)



--- サマソニにも出演しましたけど、どうでした?

あ)オープニングアクトだったので、MCで、次のアーティストを観に来てる人たちなんだろうと思うって、
  もうちょっと待ってください、私たち、Perfume っていうんで、名前だけでも覚えて帰ってください!
  でも、音楽は凄くいいんで、音楽だけ聴いていただいて、観てもらわなくてもいいんで、音楽に乗っかってください。
  って喋ってたけど、終わった時にサーーっと人が移動していくのが見えて、

  あ、この人達は Perfume を観てくれてたんだ、

  って気付いてバーーっと涙が出てきて凄く感動しました。

(いい話ですね。泣けます(T_T))



--- みんな Perfume の音楽だけを好きなんじゃなくて、メンバーやパフォーマンスも含めて好きになってくれてますよ。

あ)本当にありがたいですね。
  夢のようです。


当時の有名になってちょっと戸惑う3人の様子も分かってなかなかいいインタビューでした。
やっと読めてよかったw


この後には中田さんのインタビュー
Perfume のスタッフはものすごい天才か、ものすごい勘違いをしているか、どっちかです。
っていうのも気になりますw
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/07 00:07 ] MAGAZINE | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://perfume0is0the0best.blog.fc2.com/tb.php/583-8c5be5dd