FC2ブログ

Casa BRUTUS かしゆか商店 4、5月号

新連載が始まった Casa BRUTUS ですが、WEBで紹介されています。

最初、雑誌の記事がノーカットで公開されるかどうか怪しかったので、4月号は買ったんですが、公開された
WEBを見るとノーカットのようです。
写真も全て載っています。

記録に残しておきたいと思います。


WEBページ
Casa BRUTUS かしゆか商店

1ヶ月遅れですが、このように今までの記事が全て紹介されています。
180514_1-.jpg


以前紹介したティザー記事
180514_2.jpg

そして、4月号の 白磁の急須
九谷焼の工房です。
180514_3-.jpg
外向けの かしゆか が堪能できます。
取材される工芸作家さんも、 かしゆか はお淑やかなお嬢さん、と映るんでしょうね。
この雑誌だけを読む人にも、どこのお嬢さんかな?って感じでしょうw

九谷焼はそれ程高くなく、手が届くかな?と思わされます。



続いて、5月号

竹細工のバッグ
網代編み
180514_4.jpg
こちらも、普段のライブでの かしゆか を見てるファンとしては、どこのお嬢さん?(^_^;)って感じですね。
こんなお嬢さんがあんなことやこんなことやしてしまうんですから、大変です。
緩急ありますね。
かしゆか が一番落差が大きいかもしれませんw

最後の写真、 かしゆか に見守られたら照れてやりにくそうです。
お嬢さんが正座で見守ってるんですからw

こちらのバッグは制作に何ヶ月もかかるということで、20万!
いいものでしょうが、お高いですね(^_^;)


毎回、今回の買い付けは○○に決めました、と書かれてますが、実際は買ってなくてそういう決め文句のようです。
どれも予約待ちの商品でしょうから、その場でひょい、と買うのは無理じゃないか?って思いますね。

でも、現場で作家さんと交渉して、買えたりする可能性もありますね。
となると、 かしゆか の器を集める趣味が更に広がったり?
大変かもしれません(^^)

それぞれの記事は英語版があって、海外にも発信するという意味合いがあり、日本の工芸を知ってもらえて
いいんじゃないでしょうか。
日本人でもあまり知らないような工芸品ですけどね。

かしゆか 商店の載った、6月号、発売中です。




関連記事
スポンサーサイト



[ 2018/05/14 00:07 ] MAGAZINE | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://perfume0is0the0best.blog.fc2.com/tb.php/2021-2d2c6aef