「Sound & Recording Magazine」2017年10月号 中田ヤスタカ

Cubase を持ってますけど全く使いこなせてなく(音源は取り込みだけで打ち込みはゼロ(^_^;))サンレコなんて買う
事は無いんですが、大々的な 中田ヤスタカ特集! っていうことで買うしかないですね!

171014_1.jpg
この写真、明らかに目は合成だと思うんですけど、今一意図が分かりません(~_~;)
まあ、インパクトがあるから良い?w

171014_2.jpg


「Sound & Recording Magazine」

中田ヤスタカ特集!

鍵を握るのは”ビット・チューン”・・・・
来るべきソロアルバムの行方を占う

EDMはさまざまクラブ・ミュージックの交差地点
僕はそこを”突き抜けた先”を見たいと思う

2016年10月号でソロ名義でのアーティスト活動を宣言した中田ヤスタカ。

(なるほど、ここでソロ宣言したんですね!)



NANIMONO、Crazy Crazy、Love Don't Lie、Jump in Tonighe、そして、リミックス等に共通するキーワードは、
”ポストEDM”
ジャンル定義不可なダンスミュージックとして次なるシーンの行方を予見させるサウンドだ。




・今はいろんなことが過渡期
”音楽”より”人”が重視される状況を変えたい


中)Perfume きゃりー のように大規模に展開されるケースはそれはそれで楽しいんですけど、
  何も考えずに”先に音楽を作る”ということをやりたいなと。

  CAPSULE をやっている時の感覚に近いですが、更に自由度は高いかも。

(CAPSULE もかなり自由にやってる感じだけど、更に、となるととんでもなく飛びそうです!)



中)今どんなジャンルが流行ってるかどうかって、僕にとっては結構どうでもいいことなんです。
  一番思うのは音楽の聴かれ方の変化。
  ”好きな人がやってる音楽を聴く”のか”好きな音楽をやってる人を知った”のか?
  YouTube と SoundCloud で聴くのか、で違ってくる。

(なるほど、最近 中田さん、SoundClud で曲をアップしてたりするけど、曲の方を重視して聴いて欲しい!っていう
 表れなのかもですね!
 でも、Perfume とかじゃなく、中田さんだけでは映像が無い・・・っていう現実もあると思うけど
 僕も Perfume はCDをひたすら聴いてた派なので、好きな音楽をやってる人、として Perfume を知った感じです。)




中)音なしでPVを楽しめる人とPV無くても音だけで楽しめる人、の両極端が居る。
  そこが一緒になったら面白い。
  音楽も総合的に強い状態にしたらカッコよいなと。

(これは正に、Perfume と きゃりー で行ってますね!)




中)音楽に関しても、プロの目線だけじゃなく、誰が聴いても面白いことをやってると明確にしたい。
  
  今の日本だとボーカリストじゃ無い人の名義で作品が出ていたら、? って思う人が大半。
  だから自分がやる意義がある。

  誰が主役かというと、作品自体を主役にしたいと昔から思ってるんです。
  映画は監督や脚本家も含めて一つの作品という認識があるけど、音楽に関しては人ありきになりすぎてるのかもしれない。

(それ、ほんとに思います。
 昔は 有名な歌謡曲でも作詞作曲者が紹介されて、なるほど、あの人の作曲なのか、とか思ったけど、
 最近の曲は調べれば分かるんだろうけど誰が作ってるのか実際の所、全く知りません。
 特に AKBグループ(作詞者はわかるけど)、EXILE、ジャニーズ系、はその典型だとおもいますね。
 作曲者は報われてるんだろうか?って心配になります。)




---- そういう意味では Perfume  はバランスのいいアーティストと言えますね。

中)自分が関わってるアーティストはいろいろ例外なところが多いですけど、まだまだ偏りがある。
  これからも開拓していきたい。
  例えば、僕みたいなスタイルのクリエイターがアイドルグループに音楽を作ることって、もはや普通になりましたよね。

--- 中田さんが Perfume で一つのスタイルを確立してきたのが大きいと思います。

中)もちろん当時はそういう状況ではなかったわけで、
  それと同じように新しい道筋を作っていきたい。

  今は難しいことでも何か切っ掛けさえあれば、と感じることはたくさんあるので、これからのクリエイターのチャンス
  の為にも、僕は先に岩を削っておくみたいな役割ですね。

(中田さん、カッコいいです。
 そして、新たな音楽への期待
 これも、有名にならないとできないことだから、やっぱり Perfume との win win の関係、素晴らしい!)





・聴き手が次の展開を共有できるような、普遍的な必殺技を自分で編み出したい

--- 自分の音楽が EDMとしてくくられるのはどう思いますか?

中)DJとして活動できるスタイルの人達を EDM で纏めたというか、凄く乱暴な言い方をするとバンドブームと同じだと思う。
  EDM はエレクトロハウス とかダブステップなど細分化されていたものが飲み込まれた共通言語と言えますね。
  DEM ってクラブミュージックをやっていた人の交差地点だったとおもうんです。

  交差地点から元のジャンルに戻っていく人も居るし、僕みたいに交差地点を突き抜けてそのまま違うところに
  行きたいと思ってるアーティストも多いと思います。




ここからEDMのちょっと分かりづらい話に・・・(^_^;)




--- フューチャーベースについて ---

中)感覚自体は懐かしい部分もあって、エレクトロ・ワールド や、2004~2007年くらいのメロとかコードの
  動きの感覚をフレッシュにやれると言う感じがあって。

  とにかく僕自身の好みを入れやすいジャンルで、作っててすごく楽しい音楽です。

(なるほど!やっぱり作ってて楽しいのが一番!ですね!)




中)新しいクラブミュージックは常にオタク、海外だとナードって言うんですがね、そういう人達が生み出すと
  思っているんです。
  みんなが本当に好きで作っている感じが良いんです。

(オタクって何気に凄いですからね!
 超専門家集団!と言っても過言じゃないw)




中田さんに活動の視点が海外に向かってる?という質問に、

中)それはあまり無いです。
  日本で音楽をドーンとやろうとすると芸能人ぽくなっちゃうじゃないですか。
  それより僕は海外にいる少数派たちの間で知られる存在になりたいです。

(なんか今のメジャーになりつつある状況が本意で無い感じも(^_^;))




中)日本って近いことをやってる人同士で敵対したりするじゃないですか。
  同じものが好きなら仲良くしてその音楽をもっと普及させればいいのに、って思うんですよ。

  そうやって輪を作っていけば”東京の音”みたいなものが生まれると思うんですけどね。

(でました! TOKYO SOUND みたいな感じの新ジャンル、作りたい!っていうことですね!)



機材のの話へ
あまり分からない領域へ(^_^;)

中)MacBook Pro はタッチバーがついているモデルに変えました。
  スピーカーは数日後に GENELEC 8351A に入れかえます。

  今は 8250A を使っていて低音が出て良いけど、中域に関しては前の 8240A の方が良いなと。
  8351A は両者の良いとこ取りを期待しています。

(なるほど、これですね!
 高い!最新フラッグシップ!
 さすがです。
 うちの小型スピーカーを買う時 GENELEC も検討したけど高すぎて玉砕しました(T_T))
171014_3.jpg



中)ヘッドフォン SHURE SRH840 はあまり使ってなくて、今使用しているのは、
  イヤモニの SHURE SE846 ですね。
  軽くてめちゃくちゃ良い。
  ローの出方がスピーカーに近くて曲を作る人に最適だと思います。

(なるほど!通常使うイヤフォンとしても良さそうですね!
 っと思ってみたら、高い!(^^)
 さすが、機材は常に最高級のものを使いますねぇ・・・)
171014_4.jpg




--- やはり Cubase は手放せない感じですか?

中)ダンスミュージックだけ、作るなら IMAGE-LINE FL Studio の方が使いやすいと思うんですけど、
  僕は他の曲も作るから Cubase がいい。
  長年使って慣れてますからね。


中)僕はもう Auto-Tune は使って無いんですよ。
  基本的に Cubase の VariAudio 機能でピッチをいじってます。

(おお、Perfume と言えば Auto-Tune だけど、もう使ってないと!
 VariAudio φ(..)メモメモ)





--- 今後予定されているソロアルバムはどのくらい出来ているのですか? ---

中)3分の1くらいw
  乗ってきたら一気にできると思いますけどね。
  こういう形のソロアルバムは初めてなので、デビュー作のような感覚で作っているんですよ。
  だから先入観なく聴いてもらいたい。

(CAPSULE でも、CapsLock とかほとんどボーカルが入って無いやつはもう、中田さんのソロアルバム的な感じだったけど、
 次は違うのかな?
 ボーカルはどの程度はいるのかな?
 でも、最近の中田さんのサウンドを聴いていると、ああいう風じゃなく、もっと、フューチャーベース的な
  ビャー!!! って感じのきらびやかなサウンドになりそうな予感!)






--- 最近では NHK のニュースのエンディングテーマとか、カップヌードルのCMなどにも新曲が使用されて、
  後者はフューチャーベース感のあるユニークな楽曲です。

中)あの曲はボーカリストをフィーチャーしようと思っていたんですが、〆切が来てしまったので結局自分だけで
  全部作ったんです。
  やっぱり自分で作るのは楽しいなってw

(WITHE CUBE のあの謎のボーカルは中田さんの声、ってことですね!
 それで、テンポを変えないでピッチを調整するフェーダーが欲しい、って言ってたんですね!)


こちらが WHITE CUBE



こちらの、Ultra Music Festival Anthem も ボーカルが入ってますが、これは中田さんじゃ無いと思いますが(~_~;)





--- ずばり、ソロアルバム における音楽スタイルのキーワードを挙げるなら? ---

中)何ビットかわからないけど、デジタル以降な感じ・・・”ビットチューン”ですね。

--- 何かヒントを ---

中)今自分がやろうとしているのは4次元のテンポというか絶対的なものがなくなる瞬間がある。
  人によっては速くも遅くも聴こえるというか、自分がスローモーションでジャンプしている下を
  F1が4台くらい通り過ぎていくというようなw
  どっちが速いのか遅いのかわからないような気持ちよさを持つ音楽ですね。

(えー、全くイメージが湧きませんw)




中)あとせっかくコンピューターを使っているので、それじゃないと作れない音楽にしたいです。





・アイドルは自分の曲を作ったクリエイターに一度は会っておくべきだと思う

中)アイドルが、知らない業者が作ってきた衣装と知らない業者が作ってきた音楽でステージに立つだけ、みたいな。
  音楽活動をしているのに、クリエイターに重きが置かれないっていう。

  ついでにバンドでもボーカリスト以外の人の名前を覚えてあげて欲しいw




最後に

中)僕はリミックスを頼まれる側のクリエイターとして、自分の音楽を追求していきたいと思います。





中田さん、Perfume Special で 

想定してない所に行きたい。
行く気あるのか?みたいな。

と言ってくれました。

中田さんの、新たな挑戦、4次元的な音楽?
全く予想できませんが、相当変なの・・・もとい、今まで聴いたこと無いもの、が来そうです!

期待して、心して聴きたいと思います。


今回読んでみて、改めて中田さんの考え、ほんと凄いです(^^)




今後の Perfume の予定

【TV】


■11月11日20:00~
WOWOW サマソニ関係



【RELEASE】

■「Perfume Clips 2」Blu-ray & DVD Release 決定!!
 2017/11/29 (水) 予定



【LIVE】

■「KOYABU SONIC 2017」出演決定!!

[日時] 2017/11/05(日)
[開場/開演] 10:00/11:00
[会場] インテックス大阪 5号館&2号館
[チケット一般発売日] 2017/09/02 (土) 10:00より各プレイガイドにて販売開始
[問い合わせ先] キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)

http://www.koyabusonic.com



■「Yasutaka Nakata presents OTONOKO[オトノコ]2017」出演決定!!

[日時] 2017/12/02(土)
[開場/開演] 11:00/13:00(予定)
[会場] 石川県産業展示館 4号館
[TICKET] スタンディング \6,800- (税込)
[チケット一般発売日] 2017/08/26 (土) 10:00より各プレイガイドにて販売開始

OTONOKO 特設サイト
http://www.otonoko.com


■HFM 35th Anniversary 広島FM MEET the RADIO SHOW
「Perfume×9nineの9ジラジNIGHT」決定!!
 [日時] 2017/12/06(水)
 [開場/開演] 18:00/19:00
 [会場] 広島文化学園HBGホール

公式サイト https://hfm.jp/oubo/35th9p9/


■Official Fanclub「P.T.A.」発足10周年SPECIAL! ファンクラブ限定ツアー開催決定!!!
 2/14(水)~5/24(木)
 幕張2 大阪2 福岡 広島 北海道 宮城 新潟 名古屋 静岡



【INFO】

■9月21日~
Perfume×伊勢丹 “Perfumeダンスヒール" 1年ぶりに新色&新型の発売が決定!

カラー: グロスブラック(既存のダンスヒール)
     モスグリーンスエード / ワインスエード (新型ダンスヒール)
※現在販売中のブラックスエード、ホワイトスエード、ピンクベージュエナメルは、今後も販売を継続
価格: ¥20,520(税込)
サイズ: 21.0cm~26.0cm (0.5cm刻み)


■YKKのショートアニメ第3弾「FASTENING DAYS 3」のテーマソングに「Sweet Refrain」が決定!!

●声役(Perfume)
ケーキショップの店員役:かしゆか
郵便配達員役:のっち
レスキュー隊員役:あ~ちゃん


「FASTENING DAYS」公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/YKKfastening

YKK 公式スペシャルサイト
http://www.ykkfastening.com/fd/



【MAGAZINE】

■10/5(木) 「音楽と人」 2017年11月号 NEW!!
※"Perfume FES!! 2017" ライブレポート

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/10/14 00:07 ] MAGAZINE | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://perfume0is0the0best.blog.fc2.com/tb.php/1779-88a2c6ff