Perfume MAGAZINE 「ROCKIN'ON JAPAN」 2017年1月号& 「音楽と人」 2017年1月号

印象に残ったアーティスト投票は10日まで!
まだのの方は是非!
紅白歌合戦、紅組で最も印象に残ったアーティストは?


あと、こちらの投票もあるようです。
こちらは一日一回
SPACE SHOWER MUSIC AWARDS  「PEOPLE'S CHOICE」



去年のMagazine  ロッキン と 音楽と人 です。

長かったツアーが終わったのに、あまり音楽誌に取り上げられて無いのはちょっと残念です(T_T)


まずはロッキン

■11/30(水) 「ROCKIN'ON JAPAN」 2017年1月号
※Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」 ドーム追加公演 ライブレポート

170108_1-.jpg

大きな写真に記事を重ねた6ページ
かなり紙面を割いてくれています。


ナゴヤドームで何が起きた?って、やっぱりアレですよねw




レポート

初東京ドームから、3回のワールドツアーを経験するなどし、「夢」を原動力に、自らを更新し続けてきた。
その最新形を目撃した。

いくら広いドームでも、やはりそこに立つのは3人だけだ。

の)衣装さんに「肌白いよね」と言われて喜んでいたら、「粉吹いてるよ」と言われたけど、原意にステージに立ってる。

か)それ言うのは控えてたら表舞台で言ったねw
  さすが のっち 。

と笑いを堪え、

か)自分が着てるヒートテックがボロボロ。

と のっち に負けじと自虐ネタを投下。
まるでドームにいる全員が友達かのような明け透けなトーク。

  

コール&レスポンスのグループ分けは、

ド ・ ア ・ ラ

あ~ちゃん はライバルチームのマスコットに賛辞を送る。




3人の姿が消え、地雷の様な音が響き、スクリーンには砂嵐的な映像の後、「music by 中田ヤスタカ」の文字が
センターステージを囲むように上から透過スクリーンが下がってきて、3人のシルエットが映し出される。

Perfume からのメッセージが目まぐるしく発信される。

COSMIC EXPLORER は、Perfume が今までどんな道を歩み、何を感じ、未来に向かっていくのか?
ということが明確に描かれたメッセージアルバムだ。
それを経た上での強靭な言葉が込められた「Perfume の掟」はとてつもない説得力があって頼もしかった。

(なかなか興味深い解説です。
 STAR TRAIN で過去からのストーリーを歌い、COSMIC EXPLORER 他 で未来の姿を現している、そういうアルバム
 更に、掟で 6年前のドームを更新すると!)




歯磨きの歌の後、「Ora2 のCM決まったよ!6年前のドームの時から歯を磨こうと唱えてきました。
  ようやく仕事に繋がったよ!」
っとうれしい報告をする あ~ちゃん 。

(ほんとは、直角ツアーガイシ2日目(2009年9月27日) からですね
 実に、7年越し!)



”だいじょばない” では最後勇ましいキックにより、 のっち の靴が飛ぶハプニングが。

(おっと、サラりと書いてますねw)




チョコレイト・ディスコ では、3人の笑顔が四方八方に拡散されていく。
こんなバランスで15年間もの間成り立っているガールズトリオは、世界を見渡しても珍しい。

(世界でも珍しいと!
 確かに、世界でも他にみられない、と言い切ってもいいんでは?)



最後に
か)今日はハプニングもあったけど、それを3人で「あはは」って笑い飛ばせる。
  またチームが強くなった。
  皆さんもチームの一員です。
  助けてくれてありがとう。

の)はしゃぎすぎたところもありましたけど。
と照れつつ反省。

あ)6年前はこんなハプニングで笑える私たちは居ませんでした。
  強く成長させてくれたのは本当にみんなのおかげ。
  信じてついてきてくれてありがとう。
  これからもよろしくね!
  ナゴヤドーム 最高でした!

(ほんとうにそれです。
 強くなった!
 もう、あの時とは全然違いますね!)




あ)これ試練かな?って思うことや厳しいこともある。
  でも、それはみんな一緒。
  うちらも頑張る。
  だからみんなも頑張る。
  明日からまた頑張ろうね。
  また清清しく会える様に、うちらのこと見捨てんと頑張ってください。
  
  初のナゴヤドーム、最高のステージにしてくれてありがとう。
  また立たせてくれる?
  信じてやって来ていい?
  また会いましょう!

(ラストMC 読み返してみるとジンときます。
 はやり、次のナゴヤはドーム!と思っておいた方が良さそうです(^^))




Perfume はまだまだ続く、そのメッセージが120%体現された時間だった。




続いて、音楽と人

170108_2.jpg

■12/5(月) 「音楽と人」 2017年1月号 
※Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」 Dome Edition ライブレポート

こちらは4ページだけど見開きは写真のみで、次の2ページの下側だけレポート、ということで、かなり文章は短いです。


見出し
「まだまだ進みます、続いていきます」

COSMIC EXPLORER は旅の始まりだった。

アリーナツアー は今まで廻ったこの無い土地でライブを演るというテーマがあった。
初めて観る人を意識したすごろくk-なーもあり、わかりやすい Perfume を印象づけた感があった。

北米ツアーはツアーの一環として位置づけられていたが、3000人規模の会場だったこともあり、ダイナミズムを感じるには程遠かった。

そして、日本での DOME EDITION 、これが完成形となる。
その期待に3人はしっかり応えた。



MCについて
あ)一日だけドームなんて大散財よ!儲けなし!

あくびしたお客さんとの絡み




印象的だったのは Perfume の掟 2016 だ。
ドームと言う広い場所でその存在感を存分に発揮し、ただただ圧倒される。

あ~ちゃん の
黒髪 美白 前向き 夢追い人 アイドル

のっち の
信じること 信じ合うこと 信じた道を進むこと

かしゆか の
どんな状況もプラスに変える
楽しむ気持ち
妥協しない心

の言葉。
これは、2010年の東京ドーム直前に MIKIKOから出された問いを元にだした、自分たちへの掟だ。

(ここ、こう改めて書かれると、この掟、東京ドーム前の準備段階で3人が言った言葉ではあるけど、実際の演出には一切出さず、
 改めて今回ハッキリと台詞として出したのは、ここと繋がっていた!ということだったんですね!
 再確認できました!)



PTAコーナーでのポケモンGO

STAR TRAIN 直前のMC でこのツアーを振り返った。

あ~ちゃん は北米ツアーで感じた悔しさをはっきり口にした。
でも、分かっている、そのことがまた自分たちを次に繋いでくれると言うことを。
喜びも悔しさもみんな連れて行けばいい。
ここに集まった人達は、みんなそれを共にみる仲間だ。

STAR TRAIN

曲が終わる直前、サプライズで観客が一斉にサイリウムを点灯した。
3人は声にならず涙を浮かべ、その光景に見入ってる。

その一瞬だけ、広いヤフオクドームを静寂が包んだ。
その光景は歓声以上に強い絆を感じさせた。

「まだ進みます。続いていきます」
自分たちに言い聞かせるようなその言葉。
いいライブだった。




以上、短いけどいい内容でした。
ライブレポがこの2誌だけ、というのはかなり寂しいですが・・・(^_^;)


でも、今読み直して、最終日の感動が少し蘇りました。
長いツアーでした。

2016年、いろんなことがあった年。
他グループの解散、活動停止やら、ゴシップネタ等も。

その中で またまだ続く、進み続けます!と言ってくれた Perfume 。
凄いことだと思います。

一緒に夢を見させてくれる Perfume の今年に注目して、応援し続けたいと思いました(^^)




次のMAGAZINE 予定
■1/30(月) 「ROCKIN'ON JAPAN」 2017年3月号 NEW!!
※撮り下ろし&インタビュー掲載

ここで、ニューシングルのことや、今年の活動のことを語ってくれると思います。
楽しみです!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/01/08 00:07 ] MAGAZINE | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://perfume0is0the0best.blog.fc2.com/tb.php/1467-d8f3d7c3