COSMIC EXPLORER 北米ツアー in ニューヨーク Day1 ライブ編(ネタバレ多少あり?)

VMAJ 16 の投票受付中!9月30日まで!

特に投票の制限は無いようです。
リロードすれば何度でもOK(回数制限あるかも?)
VMAJ BEST GROUP VIDEO

BEST ALBUM OF THE YEAR




続きです。

会場の中に入って後ろのほうを見渡すと、2階、3階はほぼ満席に見えるけど、3階の後ろの両端は空いていたように見えました。

フロアは多分3分の2 くらいの埋まり具合じゃないかと思われます。
上から見てないのでよく分かりませんが・・・。

これは前回の LA でも見られた現象で、Perfume の場合前方に観客が押し寄せます。
なので SOLD OUT でも後方に隙間ができます。
ただ、今回は売り切れてなかったようなので、後ろの隙は更に大きかったかもしれません(^_^;)



さて、30分以上押して、いよいよライブのスタートが迫ってきました。
そんなどんなオープニング?
どこから登場?と期待は高まります!


影アナのアナウンスの後、観客のボルテージも上昇!

すると、スタッフが袖から登場???
なにやら設置している?
これは WEB レポートでも明かされているので OK だと思いますが、なんと、ドローンを所定の位置に置いてます。
電源も入れて、スタンバイOKに。

これは ネタバレを回避していても、Staff Twitter の 無線を使った演出、というので薄々分かってしまってました。
やはり、事前に置くしかないので、こういう始まりになるんですねw



そして、始まりました!
なるほど、COSMIC EXPLORER に相応しく、これをオープニングに持ってきたか!という感じです。


160907_3.jpg
そして、意表をつく登場!
まさか、あの後ろから!と言った感じ。
お客さんは大歓声!
しかし、あの高さ・・・かなり怖いんでは?と余計な心配をしてしまいます。


160907_6.jpg
ドローンも少ないながらもなかなか効果的な演出。
メンバーと一緒にダンスしていると言うより、メンバーが操っている感じ。
なかなか不思議な雰囲気でいいです!



この後は、ほとんどネタバレ無きよう気をつけて・・・分かっちゃうかな?(^_^;)

セトリは最初こそ違いましたが、国内の最初の方の感じに似てました。
というか、アルバムの曲、中心ですね!

160913_1.jpg

160913_2.jpg

160913_3.jpg

国内で一番の盛り上がりをつくる場面、あれを、最初に持ってきてました!
最初から盛り上がりは最高潮!


みんなでコールする部分とか、日本に負けないくらい コールしてましたね!
NY は初めてだけど、かなりノリノリなのでは?と思えました。


例の、国内ツアーでは一番の盛り上がりでは?と思われる、あの歌は、こちらではそこまで飛び跳ねる!という感じではなく、少し大人しめでした。
初見で見入っていたファンも多かったかもですw
といっても、あの曲は基本的にはノリノリでは無いですからね。
自然な感じかも知れません。
日本のノリが異常なのかも?w



MC はほとんど英語でした。

Perfume です!の挨拶も、日本語ver. と 英語ver.

ニューヨーク!
来てくれてありがとう~~~!
COSMIC EXPLORER は聴いてきた?
楽しみましょう~~~!

お客さんの反応もバッチリ!
大歓声で応えてます!
盛り上がってます!




いつものように、給水タイム




それ程メンバーのコールをする感じではないけど、ザワザワしてました。

そして、 のっち の登場で、大歓声!

ここに来れて幸せ!!
会いたかった??
Make some noise !


かしゆか 登場

ペンタトニックスさんの、Perfume メドレー 聴いた?
あと、OK Go の I don't understand you 聴いた???
アメリカと日本の違いを歌った歌で、とっても面白い!

コスプレイしているひと???
(と コスプレ弄りタイム!)

自分で作ったの?
可愛い!

結構日本人のコスプレさんが沢山弄られてました。
A Galley Experience にコスプレで行って、スタッフに写真を撮られた人も。

Spending all my time のコスを見つけたけど、

KASHIYUKA、a-chan ・・・ NOCCHi??? Where is NOCCHi~~~!!!!
と、 のっち が叫んでましたwww
のち担が居なかったんですねw



あ~ちゃん が登場して、
前回のNY のように光る衣装の Spending all my time のコスの3人組を2階スタンドで発見!
あ~ちゃん バカウケ・・・
そうでない方々も居たので、
それ、私??? No way~~~!とw
失礼では無かったかな?w



そして、恒例の通訳をお願い。
みんな、通訳をやりたい!と日本語で書いたプラカを頭上にアップ!

通訳は無しで行けるんじゃ?と事前には思っていたんで、ちょっと残念でした。
次の Madison Square Garden の時は無しで行けるかな???



通訳が決定!
かなり流暢な英語で通訳上手い!
感情も込もってます!
現地の人にも凄く良く伝わってるようです!


NYLON の雑誌見た?

ステーキ屋さんに行きました!


でも、話しているうちに、なんか通訳の人がナーバスにw
上手く訳せなかったのか?落ち込んでましたw

3人が、大丈夫、大丈夫!と励ますシーンにw


Tになった ステーキを食べたんだけど、あれ、とっても美味しいね!
を、Super yummy ! と訳して、メンバーも大喜びで連呼してましたw
(ステーキ、次の日に食べに行ったけど、Wolf Gang にはTボーン無かったと思うんで、違う所かな?)



ステーキと一緒に写真を撮ったよ。

A Gallery に行ったよ!

ヒール触った???
と聞いたら、触っちゃダメだから触ってない、と言われ、

あ)これ触る?
と脱いで差し出す あ~ちゃん w

ヒールは8.5xm
インチに換算しようとしてゴニャゴニャして断念。




また Galley 行ってね!と



グループ分け(これもネタバレにはならないかな?)

ステーキ!
Yeah~~~!

ハウス!
Yeah~~~!

ステーキハウス!
Yeah~~~!!!!

と盛り上がりました!


そして、再びアルバムの曲
みんなで運転してました!
意外と知ってる?
160913_4.jpg


続いてなんの前置きも無く、メドレー?
これは多分国内と一緒でした。


続いて驚いたのが、ある曲の 英語バージョン!
後ろのスクリーンに歌詞がでて、それを全てメンバーが歌っています。
特に あ~ちゃん が多いんですが、これはいい!
英語になっただけで全然雰囲気が違います!
カッコいい!
こんな演出があったなんて!
ビックリ!!!

そして、振り付けもレクチャー!
これは日本では無かったですね!
楽しい!

(しかし、これ、ヤスタカさんが作詞したのか?
 多分、英訳を誰かに頼んだんでしょうね。
 ヤスタカさんのOK貰って
 いい感じなのかどうか?良く分からないけど、日本語の発音のとこもいい感じに英語になってました!)



続いては、黒子がアミッドスクリーンを設定
SXSW のステージを再現です!(これも TVのエンタメニュースでも紹介されてたのでOKかな?)

160913_5.jpg

あの、国内の大掛かりな演出でやるのも壮大でいいですが、これは正に SXSW と同じく、手でスクリーンを動かすやつ。
これは貴重です!
思わず見入ってしまいました!
あの、AR演出が無くても十分見応えありました。
カッコいい!
メンバーがスクリーンの位置を確認しながら動かしている様子も見えて、なんか新鮮でした!



続いて スクリーンを片付け、衣装を脱ぎ捨てて、次の曲へ
こちらは、その瞬間暗くなり、パッと後ろの強い光のライトが、ビカーー!っと光る演出が印象的でした!


会場の盛り上がりは最高潮!
でも、僕は時差ボケやら、トラブルの精神的疲れや、体力的な疲れも重なって、ボーっとしてきてました。
立ったまま居眠りしそうな状態でした。
あくびがめっちゃ出る、ヤバい・・・(^_^;)




続いて、アルバム以外の曲、来ました!
何やら旧コールが???
一部の日本人が叫んでいるようです(^_^;)
あまり好きじゃないやつだ・・・
そういう曲じゃないと思うんですけど。



そして、四つ打ち来ました!PTAのコーナーやるんだ!

コール&レスポンスは大画面に BOYS! GIRLS! と あ~ちゃん とシンクロして出てます!
ちゃんと、歯磨きの歌も訳されてましたw

現地の人も大喜び!
やっぱり前回よりはMCの内容も知られているようです。



そして、みんなでやるコーナーは???
何を踊るんだろう?と思っていたら、今流行っている、メンバーもハマっている、あのゲーム!
みんなで gacha!しましたw
160913_6.jpg



Yey Yey Wowow & Ultra Soul も やって、みんなで あ~ちゃん の真似をするコーナー!

Let's dance!

Apple Banana Cheeseburger!

で、フリは、サンタ  ヤキイモ と同じ感じでしたw



続いてもアルバム外からの曲
JUMP JUMP!
これはどうなんでしょう?
日本ほど浸透してない気がしました。
これも、フラッシュ的にあの眩しいライトがビカビカ盛り上げます!



そして、ブレイクの切っ掛けとなった曲 来ました。
この曲もこちらでは良く知られているようで、なかなかの盛り上がりです!
曲間の拍手も一体感ありました!
あ~ちゃん もうれしそう!




続いたのが、まさかの コール&レスポンスの曲!
これをアメリカに持ってきたか!という感じ。
あ~ちゃん のコールのタイミングは現地の人には難しそうでした。
でも、その他は全力でコールw
盛り上がりました!



あ~ちゃん が ラストソング とコール!
えー、と歓声が入り交じる。
最後にはフェスで盛り上がるあの曲を持ってきました。
これはどこでも安心の盛り上がり曲ですからね!
手のフリとか合ってなくても、雰囲気で盛り上がる現地のファンの方々。



そして、感慨深げに会場を見渡し、名残惜しそうに後ろに引っ込む3人。
すぐにアンコールコールが沸きます。
が、そんなに統一されてなく、バラバラに叫んだり拍手したり。
自由な感じでしたw

何も言わずに引っ込んだので、アンコールはある筈!と思ったけど、最近のライブではアンコール、やってないですからね。
でも、やるんでしょうね・・・と言う感じで見守ってました。



そして、メンバー登場!
この曲は・・・国内ツアーのラストと同じでした!

Can you sing arong? と声を掛ける あ~ちゃん
歌って!ですね。



日本語の部分は難しいから、コーラスの部分を歌うお客さん。
かなり大きく響いてました!
なかなかの一体感!


こういう曲は WT3rd では無かったからメンバーも感慨深げです。
ハッキリ見えませんでしたが、メンバーも涙ぐんでいたようです。

やっぱりお客さんと一緒に歌う、というのは特別な感じがあるのかもしれません。
ステージからその声を聞くと、感動するんでしょうね。
みんな歌ってるのが見えるでしょうしね。



終わって、大歓声
最後の挨拶

あ~ちゃん
夢は、Madison Square Garden です。
夢に向かって一緒に行きましょう!
明日もショーがあります!
またすぐにお会いましょう!

それでは! Perfume でした!!!



最後の合唱曲は、Hurly Burly でしたが、あまり聴こえず、上手くいかなかったかな?と思ったけど、3人には届いたようで、最後は歌ってくれました。
後ろには聴こえなかったけど、ステージの方には聴こえたんですね!


という感じでライブ終了。




この日のライブで印象的だったのは、隣の若い男の子の様子でした。

ライブが始まった途端、めっちゃ叫んで大騒ぎしていたけれど、暫くしたら静かになって、?と見てみると、両手を胸の前で組んで、ただ目を輝かせてじっと3人を見つめていました。
やっぱり実物を目の当たりにして感動していたんですね。
彼はずっとそんな感じでみてましたw



ちょくちょく後ろを振り返ると、後ろの女の子も笑顔をキラキラさせて観てました。
やっぱり国籍関係なく、みんなをキラキラの笑顔にさせられる3人だな、と確信しました。



しかし、色々ありすぎて、疲れ切った日でした。
時間も10時過ぎと遅く、慣れない夜の地下鉄で帰らないといけなかったので、その日はそのまま帰りました。

ビールと軽いスナックを買って、ビビリながら乗ったんですが、意外と人が多くて肩透かし。
やはり噂通り、昔ほど地下鉄も危なくないようでした。
落書きとかも全然ないしw

駅からホテルに向かう道も全く危なげなく、これならもっと夜遊んでから帰っても良かったな?と思えるほどでした。



ただ、本当に疲れていたので、帰って正解。
ビールを飲んで、速攻で眠りにつきました。


明日は A Gallery Experience に行かねば!
ステーキも食べたい!
と思いつつ・・・zzzzz


・・・つづく
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/09/13 00:07 ] LIVE | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://perfume0is0the0best.blog.fc2.com/tb.php/1332-c82efb3d