LADYGUNN 「Japenese Pop Cosmic Explorers PERFUME Take Over The USA」 記事

VMAJ 16 の投票受付中!9月30日まで!

特に投票の制限は無いようです。
リロードすれば何度でもOK(回数制限あるかも?)
VMAJ BEST GROUP VIDEO

BEST ALBUM OF THE YEAR



ニューヨークに行く前からアメリカで記事が上がってて気になってて、あっちで書こうとネタとして持っていったけど書けず、ゆっくり日本で書こうと思います。

LADYGUNN Movie の方は先日書きました↓
LADYGUNN 「Japenese Pop Cosmic Explorers PERFUME Take Over The USA」 Movie


訳は自動翻訳+で、と思ったんですが、ほとんど意味が分からない部分も多く、うーーん、と唸っていた所、すばらしい翻訳がありましたので紹介させてくださいm(__)m
こんな風に訳せるなんて、凄いです!
尊敬します!←英会話頑張りたい!


元記事
Perfume 翻訳物置き場 2016-08-26 LADYGUNN 翻訳


160917_1.jpg

J-POP界の 「Cosmic Explorer」 Perfume アメリカ制覇へ



160917_2.jpg




*Editor Note: I have to preface this article by stating my time spend in Tokyo was filled with so much sake, ramen, amazing music, karaoke and 4am dumplings that some periods are a blur. This is my attempt to recapture some of the best moments of my life!

おことわり:この文章を書くにあたり言っておかなければならないのは、私は東京で日本酒、ラーメン、素晴らしい音楽、カラオケ、朝4時に食べる肉まん(訳者注:餃子かも)にまみれた時間を過ごしていたので、記憶が一部曖昧です。
この記事は、人生最高の時間の1つの記憶を何とか思い出そうとしたものです。



When our plane lands, I’m awakened from a 12-hour slumber from Los Angeles to Narita Airport in Japan. Whatever inducers put me there quickly leave my system as the excitement and Japanese vibrancy takes over my body and brings me back to the most life. Like the typical airplane ritual, the plane is buzzing and people gathering their things as we proceed to exit, and in my own personal ritual, I am the last one off the plane, accompanied by a spunky photographer, Daniela Trujillo EVB who will be attempting to capture the next 6 days of our LADYGUNN whirlwind meet and greet with Japanese pop queens Perfume.

飛行機が日本の成田空港に着陸し、私は LA からの12時間の浅い眠りから目覚めた。
日本まで一瞬で来るために飲んだ睡眠薬が何であれ私の体は興奮状態のままで、日本の活気が私の体を乗っ取り、最高にハイな状態に引き戻してくれる。
空港に着いた時にでいつも見られる儀式のように、機内はざわつき、人々は荷物をまとめて出口に向かう。
私の個人的な儀式として、飛行機を降りたのは一番最後。
私と一緒に降りるのは元気一杯の写真家、Daniela Trujillo EVB。
これから東京を6日間にわたって襲う LADYGUNN 旋風と J-POP の女王、Perfume との meet & greet の様子を撮影してくれる。



If you haven’t heard of this demi-group they are a mix between Spice Girls and The Backstreet Boys; but if those groups had angel-voiced dancing cyborg babies. Everyone in Tokyo knows Perfume. Thier stardom prefaces them with posters, magazine covers, and Perfume merch worn on the masses. It doesn’t hurt that the women in the group, Nocchi, Kashiyuka and A~chan all look like real life dolls. True story, our first stop with luggage in tow, on our way to our hotel in Shibuya was a sleepy little dumpling place down the street from our hotel, then a bar where the bartender was wearing a Perfume shirt! He didn’t believe us at first when we told him they were the subjects of our trip. As soon as we mention our assignment, our drunken new friends start screeching and buying us drinks and telling us how awesome it is. Our coolness factor instantly rises.

このグループのことを聞いたことがない人に説明すると、スパイス・ガールズとバックストリート・ボーイズを足して2で割ったようなグループ。
…ただしメンバーは、天使のような声の踊るサイボーグみたいな女の子たち。
東京で Perfume のことを知らない人はいない。
彼女たちのスターっぷりは、ポスターに始まり、雑誌の表紙や沢山の人々が身に着ける Perfume グッズにまで及ぶ。
グループのメンバー、のっち、かしゆか、あ~ちゃんの3人ともまるで生きているお人形さんみたい!と言っても言い過ぎではないだろう。
これは本当の話なんだけれども、渋谷のホテルまで荷物を引っ張っていく途中で最初に立ち寄ったのは小さい静かな肉まん屋さんで、その次に立ち寄ったバーではバーテンが Perfume のTシャツを着ていた!
最初は旅の目的が Perfume だなんて言っても信じてもらえなかったけど、私たちの任務について説明したらすぐに、その日新しく友達になった酔っぱらい達が歓声を上げて、お酒を奢ってくれながらいかに Perfume が素晴らしいか話してくれた。
「カッコよさ値」はその場で急上昇。



Last year marked Perfume’s 10-year major label debut, a debut that forever redefined the world of J-pop and put them on a platform as international pop stars. The trio’s music is an uptempo disco sensation with a hint of traditional Asian folk. It’s glitchy and fast-paced like the theme music to a super high-end video game. Their consistent never aging aesthetic, accompanied by their charismatic personalities and SUPER shows, paved the way for the future of Japenese pop and turned the faces of the whole music industry on their heads.

LADYGUNN was invited as a personal guest of Universal Japan for the Perfume show @ Makuhari Messe in the southeast of the center of Tokyo to celebrate their monumental success and witness one of their groundbreaking shows.

去年は Perfume のメジャーデビュー10周年。
このデビューによって J-POP の世界は絶え間なく再定義され続け、彼女たちは世界的なポップスターという舞台に立った。
3人の音楽は、微かに伝統的なアジアのフォークの香りを残した、アップテンポで衝撃的なディスコ・サウンド。
超最新の TV ゲームのテーマ音楽並みにピッチが速く、グリッチ・ホップのようでもある。3人の一貫して年を取らない美しさと、それに伴う魅力に溢れる人柄と「圧巻」のライブを持って、彼女たちは J-POP の未来を切り開き、音楽業界全体を振り向かせたのだ。

今回、我々 LADYGUNN はユニバーサル・ジャパンからゲストとして、東京の中心から南東に下った幕張メッセで行われた、 Perfume のライブに招待され、その場で彼女たちの途轍もない成功を祝うとともに、革新的なライブを目の当たりにすることになった。




From the time we entered the stadium to the time we were back in our van on the way back to Shibuya, I was filled with some of the most excitement I’ve ever had. I’m talking about a stadium filled with superfans eager for the show to start and buying Perfume merchandise by the basket full. It was the same anticipation, I imagine makes the hairs stand up on ends on the likes of Beliebers, Lovatics, and The Beehive. I was unsurprisingly enough the loudest person in the arena, and probably the whole of Japan for that matter, but I was able to get a few WHOOS in from a few other fanatics! It was so easy to be excited. I get why we were all here. It’s so fun to root for these ladies.

ライブ会場についたその時から渋谷に向かう帰りの車中まで、私はこれまでに経験した中でも最高級の興奮の中にいた。
ここで私が言っているのは、スタジアムを埋め尽くしたスーパーなファンたちがライブを待ち望む様子だったり、グッズをカバン一杯に買い込んでいる様子のことで、その期待感はどこか、ジャスティン・ビーバーやデミ・ロヴァート、ザ・ビーハイブらが巻き起こす熱狂のようだった。

アリーナ全体で一番騒がしいファンが自分だったであろうことは、別に驚くべきことではない。だが大人しそうなファンたちも何人か歓声を上げていた!本当に簡単に熱狂出来るのだ。なぜ皆がここにいるのか理解できた。3人を応援するのが楽しすぎるからなのだ。



Soon after Perfume starts to perform, it’s obvious why the stadium is filled with fangirls and boys alike. The ladies know how to put on a good show. I could have easily been watching them at the biggest stadium on the moon and felt just as excited. The stage was super high-tech and as big as a small village. How the ladies managed to outshine the most cutting edge technology, with a larger than life stage presence, confused me more than any technological advancement. They danced through the air, while cyber like graphics exploded behind them. While they were dancing and singing their asses off , I was too and so was everyone else in the audience. I have to admit I had no idea what I was singing but it felt so good to go along with the wave and let the world they created takeover. Right after the show, Aya and Cara some of the best PR ladies in the industry, lead us to meet the girls backstage. When they show up to the green room Perfume looked as happy and fresh as if they just went for a light jog, I, meanwhile was drenched in sweat and mascara a mock from dancing like a crazy person. Shout to my date for the night Cara, who rooted me on like Perfume was about to call me on stage for a special guest solo.

ステージ上で Perfume がパフォーマンスを始めれば、すぐに男子だけでなく女子ファンも同じように会場を埋め尽くしている理由がわかる。
3人は素晴らしいライブの魅せ方を知っている。もし彼女たちが月面最大のスタジアムでライブをしたとしても、同じぐらい興奮しながら見られることだろう。
ステージはちょっとした村くらい大きく、物凄くハイテク。
一体どのようにして、彼女たちは(その並外れた度胸を持って)自分たちを世界最先端のテクノロジーよりも輝かせることが出来ているのだろうか?
それはどんな技術の進歩よりも深い謎だろう。
空中を舞い、SFのようなグラフィックが背後で爆発する。3人が一生懸命歌い踊っている間中、私もそうしていたし、他の観客も全員同じだった。

一体自分が何を歌っていたのか全く分からなかったことについては認めざるを得ないが、一緒になって波に乗るのは最高だったし、彼女たちが作り出した世界観に身を任せるのも最高だった。



Perfume is now touring their fifth studio album aptly titled Cosmic Explorer and are bringing their magical act stateside this week. The tour kicks off August 26th in LA at The Wiltern. Perfume will hit San Francisco and Chicago before heading east for two shows at New York’s Hammerstein Ballroom on Saturday September 3rd and Sunday September 4th.

Check out more of these cosmic angels in the US and in LADYGUNN #14. Till then Sayonara!

Perfume は現在、5枚目のスタジオ・アルバム「Cosmic Explorer」を引っ提げてツアー中で、今週にはその魔法のようなステージをアメリカでも披露してくれる。ツアーは8月26日に LA の Wiltern からスタートし、サンフランシスコとシカゴを巡った後に東に向かい、9月の3日と4日にはニューヨークの Hammerstein Ballroom で2デイズライブを行う。アメリカと LADYGUNN 14号の、この「コズミック」な天使達から目を離すな!

ではその日まで、SAYONARA!



160917_10.jpg

160917_11.jpg


この写真もこの時撮られたようですが、雑誌のほうに載っているのかな?
160917_12.jpg



最初に思ったのが、3人のアップの写真、写りが悪い・・・。
肌もザラザラで表情も・・・(^_^;)
ISO の設定を間違えたんでしょうか?
今時のカメラならオートでももっときれいに撮れるはず・・・と思いました。
不思議です。



しかし、LADYGUNN さん、熱いです!
わざわざ東京まで来て取材してくれるとは。
ユニバさんの戦略もいろいろ広げているんでしょう。
先ずは地道にアメリカに浸透したいですね。
制覇というのはおこがましいですが(^_^;)


アメリカの記者の方が例える、Perfume が興味深いです。

”スパイス・ガールズとバックストリート・ボーイズを足して2で割ったようなグループ。…ただしメンバーは、天使のような声の踊るサイボーグみたいな女の子たち。”



そして、ライブの楽しさを、

”もし彼女たちが月面最大のスタジアムでライブをしたとしても、同じぐらい興奮しながら見られることだろう。”

ものすごい誇大表現?w
ただ、月面にスタジアムは無いのでどうとでも解釈できますがw



しかし、インタビューの内容が無いのが面白いですね!

楽屋に招かれて行くと、
”控室に3人が姿を現したとき、彼女たちはまるで「軽いジョギングしてきました」とでも言わんばかりに活き活きとして、幸せそうだった。一方こちらは、汗で水浸しだし、狂人のように踊りまくったせいでマスカラはぐちゃぐちゃ…。”

記者さんも一緒に飛び跳ねたんでしょうか。
全く知識が無くても盛り上がれたんなら凄いことです!


なんだか海外の記事って凄く感情が入ってて、どれを見てもコピペみたいな日本の記事とは違いますね!
やっぱりアメリカは自由だ~~~!

いろいろあった 北米ツアーですが、前回よりこういった記事も増えて、多少注目度が上がってるかな?って思います。

まだ他にも沢山アメリカの記事が上がってるので、また紹介したいです。
日本の記事も多いですね!(^^)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/09/17 00:07 ] WEB | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://perfume0is0the0best.blog.fc2.com/tb.php/1316-4b7c6eb1