FC2ブログ

Perfume Magazine レビュー その3 ROCKIN' JAPAN

さてさて、大物を読みたいと思います。

「ROCKIN'ON JAPAN」表紙&2万字×3!!!
これはすごい!
写真も含めて44ページありました!
131023_1.jpg

この最初の2ページに書かれている内容も、凄く重い、言ってみればちょっと大げさかも・・・w
131023_2.jpg
撮影は東京国立博物館の表慶舘の協力だそうです。
貸切?


のっけから、
Perfumeはどこへ向かうのか。3人がそれぞれの半生を語った、のべ6万字
と、気持ちが先行してる感じですw

長いんでザーッと読んで纏める感じになると思いますw


さて、最初は かしゆか
一九分けゆか、やはりちょっと強引さが目に付くかなぁw
生まれたてのペンギンの部分が見えますねwww


か)年頭に、今年の予定を決める話をした時は、こんなにライブをしたりっていう内容じゃなかった。

(ということは計画が大幅に変わったということですね。)


か)ここでアルバムを出すの?っていうタイミングだったので、ドームの為に出すんですよね?って年間スケジュールを大幅に変更してもらった。
自分達で変な流れを作ってしまって申し訳なかった。

(なんと、変更したのは彼女達だったようです (◎o◎))


か)今回は歌詞も注目を集めるとか尖った言葉を入れなくても伝わるのかな?っていうのはあります。

(確かに、新曲たちは、それぞれ、際立って印象的な言葉が耳につきません。)


---24年間の人生について---

か)人生最初の記憶は、2歳の時にハワイに行って、船の中で一度も自分で歩かなかった。

(え?2歳の記憶があるとはすごい、しかもハワイってw)


か)幼稚園は北海道で、制服の下にみんな履いていた白いタイツがいやだった。
 意地を張って履かなかったけど、発表会の日無理やり履かされておお泣きした。

(わかります、小さい頃、些細なことで家出したりしたことありますw)


か)服や靴下がちょっとよれて、縫い目が当たったり?そういうのが気持ち悪い。
  昔も今も一緒。

  小さい頃から男みたいで、黒ばかり着ていた。

  価値基準は自分で、自分が好きなものは好き、嫌いなものは嫌い。

(なんかめっちゃ頑固な子供・・・w)


か)ポンキッキーズも流行ってたけど、全く観なかったので、今、その歌とか聴いても全く分からない。  
  SPEED も知らなかった。

(そう言えば、 かしゆか から SPEED に憧れて、とかひと言も聴いたこと無い^_^;))


か)ペットショップの店員になりたかった。

  怒られるのが凄く嫌いな子だった。
  怒られないように、マイナスなことはしないようにしていた。
  今もそうかな?
  
  付き合いで、女の子が苦手になった時期があった。
  男に嫌われてもいいけど、女の人に嫌われると一生もの、って感じがするので、嫌われたくない。
  友達の女3人のなかで、ぐちゃぐちゃした世界を経験してしまった。
  
(女性の感覚、わかりませんw)


---Perfumeの3人が3人のことをどれだけ思いやれるかっていうことで生きてきたグループだと思う---

か)本当に分かり合えてる2人と一緒で良かった。
  もし、他の人だったら絶対無理だと思う。

  いつからか、自分の言葉というより、みんなに分かる言葉で喋ろう、って思うようになって来た。
  だから幻想も誇張も無く、ただ、事実を報告することしかできない。
  現実しか見てない。

(うーーん、そんな風には見えないですけど)


か)アクターズでは嫌だな、と思っていたけど、入ったからには頑張りたいという負けず嫌いなところはあった。  目の前のことを完成させることは好きだったので、それを繰り返していたら引き返せないところまで来た。
 
  武道館ライブをやったとき、ここまで来たら引き返せないと思った。  
  3人の意思だけでは、続ける、続けない、とか決める立場じゃなくなった。

(なんか途中からインタビュアー暴走?
 誘導尋問みたいになって来たwww

  かしゆか は、いやぁわかんないなぁ、とか、うん、そうですね、多分、とか行ってるw)


か)途中からMCで頑張って喋るのをやめました。
  伝えたいことがあれば頑張ってしゃべるけど、そういうものが無ければ喋る必要がない。
  基本喋らないですしね、私に喋りを求めてないと思うし(笑)

(後半、精神論?なかなか難しいことをいろいろ話してますが・・・分かり辛いかなぁ・・・)


最後に、 かしゆか のPerfumeだなぁと思う曲は?

か)RIJFの Dream Fighter を歌ってる最中に、そう思った。
  こうやって続けていくのが私の使命なんだなと。



つづいて のっち

の)世界に売り出すとなったとき、ビジュアルをグローバルに、大人っぽく、セクシーな黒い衣装で、露出も多めで、という提案があったけど、今までどおりで行かせて欲しいとお願いして、それが実際ライブで受け入れられて、これでやっていける、って確信が持てた。 

(露出の多いPerfume、ちょっとみてみたかったですねw)


---完成したアルバムとしていつもと違うところは?---
の)ただのダンスアルバム、みたいな?w


---レベル2はどこですか?---

の)なんなんですか、この難しい質問は。
  ドームの時がレベル2かもしれない。


--- のっち が戻れないぞ、と思ったときは?---

の)GAME の頃には思っていたはず。

(アルバム1位をとっちゃったら、それはもう、戻れないと思うでしょうね)


の)あまり頑固になりたくない、柔軟でいたい、それが、あまり考えないで居る、ってことになっているみたい。

  人生初の記憶は、4,5歳の水族館。
  生簀みたいに汚くて怖くて、水族館嫌いになった。
  けど、ちゅら海水族館で、メッチャ好きになりました。

(生簀みたいな水族館って?暗かったのかな?w)


の)馬鹿にされた記憶が結構残っている。
  セーラームーンの靴を履いてブランコ乗ってたら、小学一年生のお姉さんたちに、ダサい、って言われて履かなくなったとか。


  美術のデッサンの時間に、前の子が横顔だったのに、想像して正面から描いて、先生にダメじゃない、と言われた。
  けど、美術って自由じゃないの?

(確かに、正解は無いですw)


の) かしゆか はいろんな面を持ってて、前に出るときもあれば、すごい後ろに引いてる時もある。
  ただ、説明の時は かしゆか に任せてますw

( かしゆか 説明、うまいです)


子供の頃は回りに左右されやすかった。
声低い人と一緒だと声低くなるし、声高い人と仲良かったら超え高くなるし、と、周りに自然に合わせてたと。


の)アクターズに居た頃は順風満帆で良かったけど、上京してから打ちのめされた。  
  先輩とか、東京、すげえやついっぱい居る!
  ダンスの動きもどんどん小さくなり、自信も無くなり・・・
  東京来てからの4年間、学校いやだった。

  
  いつのタイミングか分からないけど、あんまり自分を良く見せなくていいんだ、って思ったら楽になった。
  多分⊿の時。


  アクターズの頃は行け行けで、私行ける!私がデビューするんだ!って思ってた。

  インディーズデビューの時に、髪をショートに切って、その時、Perfumeで生きていこうとスイッチが入った。


---Perfumeの のっち と大本彩乃 は同一人物?---

の)だんだん同じになり、今は同じだと思います。

(これは かしゆか も言ってましたが、 かしゆか はまだ別々だと・・・)


の)私が初めてPerfumeに入った時、Perfumeが初めてオーディションに落ちた。
  結局それはデビューする、ってことでサプライズ的なものだったけど。

  私はソロで発表会に出させてもらったりしてたけど、グループで組んでいる方は受かったことがなかった。

  嬉しいこと、悲しいことは、3人で共有したい!してくれる、と信じてる。

  かしゆか は一人でいろいろな面を持っているから、それがいいんですよねぇ・・・  

( かしゆか のことをべた褒めです。 あ~ちゃん じゃないのかな?w)


一番Perfumeだと思う曲は?

の)チョコレイト・ディスコ
  歌詞とかじゃなく、シングル3枚出して、ベストアルバム出して、誰もが終わりだな、と思った時にまだ這い上がってくる、みたいなw


かしゆか がRIJFの DREAM FIGHTER だと聞くと、

の)あれは凄かったぁ、ほんとに、今までとはまるで聞こえかたが違って、もう、歌詞、一言一言かみ締めながら達成感と共に歌いました。



最後に あ~ちゃん

アルバムの話、

あ)超オリジナルアルバムだと思った。
  曲を展開させるドラマチックなところも素敵で。

  アルバムタイトルは、何でも良くて、Perfumeの2013年、オリジナルアルバムです。でいいんじゃないかと。

(かなり衝撃的なアルバムタイトルになったでしょうw)


そして、LEVEL3 がパーンと出てきて、まだ3か、とか、向上心の塊だねぇとか、まだやってくんじゃ・・・と思わされたと。


RIJFの話で、

あ)アイドルだって女優さんだって、有名になりたい、売れたい、テレビに出たい、って腹を括ってる、それがロックだと思う。

  小学校の頃は人を笑わせるのが好きで、ハーフっぽかったから、名古屋と和歌山のハーフです!て言ってた。

  母が特にぶっ飛んでて、あなたは福山雅治さんと結婚するのよ!って育てられてた。

  母が嫌いだったので、昔からラーメンを食べたことがなかった。


(しかし、やはり あ~ちゃん 凄い勢いで喋ってて、たまに、インタビュアーが、うん、ってw)



一番古い記憶って?

あ)3,4歳の頃、おじいちゃんちに行ったこと。
  お菓子買って来い、と1万円渡された。
 
  あと、小学校で漫才係をやっていた。
  それくらい人を笑わせるのが好きw

  昔からラーメンが嫌いだと思っていたら、どうやら好きみたいなんですよ。

(結局食べず嫌いで、実は好きだったと?)


あ)自分がPerfumeであると同時に、ほんとにPerfumeのファンなので、Perfumeがこうやってくれたらうれしいなぁ、と思いつつ、いい意味の裏切りとかサプライズを添えるのは好きですねぇ。

  JAPANの大トリのステージ上で、立ち位置の目印が最後の私たちのしか無かったんですよ。それがスゲーって。
  大トリの人しか見えないステージ上の景色なんだって、嬉しいなぁって。

(バミリ、なるほど、観客どうこうよりも、そこに先ず目が行ったと。)


あ)辛かったこととか、失敗したことに再度挑戦するとか、わざとやったり見せたりしているんですよね。
  本当は見せずにどんどん伝説を残していきたいと思うだろうけど、そこはこういうパターンもありました、と歴史に残せたらいいなと。


---LEVEL2はどこですか?---

かしゆか は武道館で、と言うと、 あ~ちゃん は戻りたいとは思わないと。
どんどん良くなっていくと。

(ほんとに あ~ちゃん 前向きですね)


あ)責任感に関しては多分だれよりも早く生まれてたと思います。

  LEVEL3に入ったタイミングは、ドームに挑戦したい、って言った時かな?
  それまではスタッフさんに言われていろいろ決まっていたけど、この時から自分達で決めて、お願いするようになったから。


一番Pefumeだなぁと思う曲は?

あ)やっぱり ポリリズム で、Perfumeと言えば ポリリズム になってる。
  ライブやるときに自分たちのエゴとか気持ちだけではお客様は楽しんでくれない。
  その状況を楽しんでいる私たちがいて、初めてお客様は楽しめる。
  そしてスタッフも、家族も楽しくて、巡る巡ってるんだよ。

  でも、あの曲のフリって、サビの振り付け、MIKIKO先生じゃないんです。
  それを踊り続けてるっていうのも珍しいし、でも変えないですしね。

(さすが あ~ちゃん です、いい感じで締めくくってくれました。)


しかし、長かった・・・20000字、半端無いです。

今回は、ROCKIN' JAPAN だけで終わってしまった ^_^;
でも、何とか読み切れてよかったw  
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/10/23 00:07 ] MAGAZINE | TB(0) | CM(2)

おまとめお疲れ様でした(^_^)

怒涛の出演の時に発売されて、じっくり読めてないので助かりました。

大変興味深い内容でしたよね。

特にかしゆか。
あ~ちゃんとは真逆の人間だとはっきり言っていたのが非常に印象に残りました。

三人の子供の頃の話など、素朴なエピソードはもっと聞きたいところですね(^^)

[ 2013/10/23 09:43 ] [ 編集 ]

Re: おまとめお疲れ様でした(^_^)

あ~クリオネさん
読んでくださり、ありがとうございます。

でも、まだ、音人とWHAT's IN と、結構大物が残ってます(笑

今回のでは確かに、 かしゆか の考え方が結構露になった気がします。
ちょっと、ネガティブなwww

また頑張ります。
[ 2013/10/24 06:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://perfume0is0the0best.blog.fc2.com/tb.php/131-03f434b1