ペンタトニックス(最強盤)』に「Perfume メドレー」が収録決定!なんと、フルで聴けちゃう(^_^;)

昨日は WE ARE Perfume DVD&BD の発売日でしたが!まだ届いてないし仕事も忙しいので週末までお預けです(^^)
届くのを楽しみにしてたんですが、なんとビックリするニュースが!

160707_1.jpg

ペンタトニックス、とは、MJ で一緒になったかな?と探してみましたが、どうやら気のせいだったようです。



【ペンタトニックスが驚愕の『Perfumeメドレー』を発表!】動画総再生回数11億超え/2年連続グラミー受賞の全米No.1アカペラ・グループがPerfumeの楽曲メドレーを日本語で披露!

ここでうれしいのは、

そんなペンタトニックスは、これまでに「ダフト・パンク・メドレー」「マイケル・ジャクソン・メドレー」「ビヨンセ・メドレー」など数々の海外アーティストのカバー曲メドレーでも多くのヒットを送り出してきましたが、今回、昨年2015年に結成15周年・メジャーデビュー10周年を迎え、近年は日本国内のみならずアジア、ヨーロッパ、アメリカ等で世界ツアーを行い海外にも活動の場を広げ大成功を収める人気テクノポップユニットPerfumeの楽曲を日本語でカバーし、更にそれをマッシュアップするという彼らならではの超スペシャルな楽曲「Perfumeメドレー」を完成させました。

「ポリリズム」「チョコレイト・ディスコ」といったPerfumeの代表曲2曲に加え、近年のヒット曲「Spending all my time」「Pick Me Up」の4曲をメドレーで構成。コーラスだけではなくドラムマシンやシンセサイザーの音まで全て人間の声で表現する、鳥肌の立つような彼らの圧倒的なテクニックと、完璧な日本語発音で歌い上げる様は必聴です。

兼ねてより「日本が世界一大好きな場所!」と”日本大好き”を公言しているペンタトニックスのメンバーは、日本デビュー以来様々なメディアのインタビューで「近いうちに日本の曲のカバーをしたい!」と語っていたが、その熱い想いがようやく形となりました。

USツアー中だったメンバーは、忙しいスケジュールの合間を縫って、日本語の発音練習を日々くり返し、レコーディングに臨んだという。

海外アーティストによるPerfume楽曲の日本語カバーはPerfume史上初となり、ペンタトニックスが日本語で楽曲カバーに挑戦することも今回が初めてとなります。




国内ではいろいろとカバーされていますが、


海外アーティストによる Perfume 楽曲の日本語カバーは、Perfume 史上初!
そして、ペンタトニックス が日本語で楽曲カバーに挑戦することも今回が初めてとなります。


という部分ですね!

これから 本格的にアメリカでの活動を広めていこう!というタイミングでアメリカの、しかもグラミーを2回も取っているアーティストからのカバーというのは話題性に十分です!

どんな風なのか?



そして、動画が紹介!
これ!驚いたんですが、フルでアップされています。
なので、曲が売れないんでは?と心配しちゃいますが、それよりも拡散重視なんですね!
流石アメリカ!





そして、後半の記事には、

そんな「Perfumeメドレー」に関して、Perfumeのメンバーは、

「こんっなカバー聴いたことがありません!!

歌い始めの息のあったブレスから迫力がものすごく、展開されていく楽曲たちとメンバーの声のパワーに圧倒されて鳥肌がとまりませんでした。

カバーしていただけたことで、楽曲の繊細さや緻密さを感じて、自分たちの歌ですが、より好きになりました!!笑 

歌の中やアレンジに、楽曲への敬意が随所に感じられて本当に光栄で…とってもうれしかったです。

Thank you Pentatonix♡」


と語っています。



ペンタトニックス本人は、「曲選びとアレンジはそんなに迷わなかった。

Perfumeの曲はどれもすごくクールでエネルギーに溢れていて、それが大きな決め手だったよ。

そして、それらを繋ぎ合わせて、メドレーに仕上げたんだ!僕達全員がPerfumeの曲の複雑さに大興奮したよ。

それに、僕達はいつか日本語の曲を歌いたかったから、それが実現できて嬉しい!パフォーマンスはすごく楽しいはずだよ!」と、語っており、6回目の来日となる今年8月のサマーソニック2016出演時にこの楽曲を初パフォーマンス披露することを匂わせています。

7月27日に発売される日本独自企画盤 『ペンタトニックス(最強盤)』には、アカペラ・グループ"として史上初の全米初登場1位を獲得したオリジナル・アルバム『ペンタトニックス』(通常盤)に、「Perfumeメドレー」や、メーガン・トレイナーの話題の楽曲「NO」のカバー、ペンタトニックスの大ヒット・オリジナル・シングルのリミックス「キャント・スリープ・ラブ(ダニー・L・ハール・リミックス)」といった新たな楽曲が加えられる他、国内盤未発売だった『PTX VOL.3』より、ライブで盛り上がる楽曲がセレクトされた豪華な内容となっており、本日よりiTunesでは『ペンタトニックス(最強盤)』を予約注文すると「Perfumeメドレー」が入手可能となっています。

●iTunes『ペンタトニックス(最強盤)』予約リンク:
https://itunes.apple.com/jp/album/id1128081662?app=itunes&ls=1



ここでもうれしいコメントが!


ペンタトニックス本人は、「曲選びとアレンジはそんなに迷わなかった。

Perfumeの曲はどれもすごくクールでエネルギーに溢れていて、それが大きな決め手だったよ。

そして、それらを繋ぎ合わせて、メドレーに仕上げたんだ!僕達全員がPerfumeの曲の複雑さに大興奮したよ。



これは正に Perfume の楽曲がいい曲ばかりで、複雑 だということですね!

メロディーやシンプルなリズムだけで表現するアカペラでは、尚更曲の素性というものが大切で、良し悪しがハッキリするのだと思います。

あれだけの音を重ねて、3人の声で完成されている曲たちが、こんなにシンプルにしてもメロディーや歌詞の素晴らしさが際立つ、っていうのは本当に今まで思っていた通り、中田さん、天才!って思います。

シンプルになればなるほど、際立つ曲のよさ!ですね!




いきなりフルの公開ですが、スタッフ Twitter も賞賛
160707_2.jpg


既に 15,000回を超えて、これはあっという間に再生回数を伸ばしていくでしょう!
160707_3.jpg


そして、肝心な曲の感想!

驚いたのは、

■「ポリリズム」(2007年)
■「チョコレイト・ディスコ」(2007年)
■「Spending all my time」(2012年)
■「Pick Me Up」(2015年)

これらの楽曲たちを同時にミックスしていること。
メドレーだから次々に繋げていくのか?と思ったんですが、なんとまあ、違う曲の歌詞が重なってもいい心地です。



女性は1人しかいないけど、中央右の男性がかなりの高音までカバーしているので、女性に聴こえる声の主なのでしょう(映像が無いので想像)
凄いです!



更に、やっぱりテクノだから リズム系は加えたのね、と最初思ってたんですが、やはり右端の男性がボイパでやっているようです。
本物のリズムマシンのようで、驚きです!

他の動画を見たら、中央の男性もかなり高音域(裏声?)までカバーしているので、なんでも歌えちゃうんですね!
ほんとに感動して鳥肌でした!



そして、日本語のうまさ!
かなり練習したと書かれてますね(^^)

更に、英語の部分も敢えて ちょっと日本語っぽい発音に?
これが流暢な英語だとちょっと違和感が出るので、そんな所まで考えていると思います!




構成も、途中で、チョコレイト・ディスコ が終わった時点で終わってもいい感じなんですが、そこから、Pick Me Up が始まるところがいい!

そして、きれいな、ポリリズム の綺麗な コーラスを聴かせる聴かせる!!!
もっと長く聴いていたい!そんな気にさせるカバーですね!



ペンタトニックス 素晴らしいです!!!
Perfume の曲!素晴らしい!
絶賛!!!




なんか国内のアカペラとか、ちょっとなぁ・・・と思うところがあるんですが、これはカッコいいし、クールだし、お洒落!?
流石グラミーです!




まあ、ペンタトニックス側としても、日本での知名度アップ、を狙っての企画だと思いますが、Perfume にとってもアメリカに話題を提供できるいい機会です。
正に、win win ですね!


もしかして、北米ツアーにゲスト出演とかしたりして???
そうなったら現場は大興奮ですね!




生で聴きたい!って思うところですが、HPでも発表されているように、サマソニに出演するようです。

160707_4.jpg

観たい!・・・けど・・・悩んでます!w


OK Go ともコラボして、更に ペンタトニックス からカバー と、北米に向けての伏線 を敷けているんでは?と思います。


まだまだ他にも?
あちらの TV 番組に呼ばれたり???
あと、オリンピックもありますねぇ~~~www
グラミーも視野に???


北米ツアーがすごく楽しみになってきました!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/07/07 00:07 ] WEB | TB(0) | CM(2)

旬のアーティストとのコラボ?

お互いに相手側の魅力を評価しているからこその今回のコラボだと思います。動画を見ましたがベース担当の方の声がすごくて、個人的にはオリジナルのほうの作品を購入してみたいと思いました。ok goとはシカゴでの共演があるかもしれませんがこちらとの共演はperfumeの英語力が上達するまで(マジソンまで?)とっておきたいなあ。
[ 2016/07/07 14:06 ] [ 編集 ]

Re: 旬のアーティストとのコラボ?

タクローさん
そうですね、お互い興味を持っていたからこそのコラボでしょう。
日本語でカバーなんてそうそうやれるもんじゃありません。

音源はそうですか、動画のほうはバランス悪かったでしょうか。
僕もCDが出たらレンタルくらいはしたいな、と思ってます。

競演に関しては、 あ~ちゃん が英語の勉強をしていると言っていたので期待しちゃいますね!
[ 2016/07/08 06:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://perfume0is0the0best.blog.fc2.com/tb.php/1252-f6aca733