Perfume MAGAZINE 装苑 5月号&Numero TOKYO 5月号(2016年)

雑誌関係の続きです。

■3/28(月)「装苑」2016年5月号
※表紙 / Perfumeというカルチャー (撮り下ろし&インタビュー)

160513_1.jpg

このように写真ベースの見開きが4ページ
衣装の解説が4ページクリエーター紹介が2ページ という構成です。


3人のパーツの写真、本当に撮ったんですね。
こうして見ると かしゆか の細長いのが印象的です!



それぞれにインタビュー

かしゆか

--- かしゆか の役割って?
客観視して物事をみてフォローしたり懸念点を伝えたり、割りと冷静なのかな?

--- かしゆか から見た あ~ちゃん は?
斬新な意見や発案をする人

-- のっち は?
自信をつけてくれる。
物怖じしないので最後に背中を押してくれる。

---最新テクノロジーのパフォーマンスをどう思う?
大度さんが可能性を大きく広げてくれた。

--- Perfume の進化が現れている曲、印象深い曲は?
強いてあげるなら、Spring Of Life
MV のストーリー、ビジュアルが Perfume っぽい

---個人的に気になるカルチャーは?
ファッション

---ニューアルバムのコンセプトは?
大きなテーマを決めてなく、スペイシーかというとそうでもなく、Perfume の新しさを表現して未来に導いてくれる

---アルバムの中でテンションが上がった曲は?
FLASH

---Perfume である為に意識していることは?
自分たちが楽しみながらできることが一番

--- Perfume というカルチャー、スタイルとは?
どんな曲も淡々と歌う面白さ





あ~ちゃん

---大きな変化を感じられた出来事は?
SXSW

--- あ~ちゃん の役割は?
夢を与えているのかな?って思う

--- かしゆか って?
凄く似ていて、何を考えているか分かってくれる

--- のっち って?
すごく Perfume を好きな人
Perfume を尊敬してて、俯瞰で見てファンとしてアイディアを提案してくれる

---気になるカルチャーは?
大食い選手権が大好き
もえのあずきちゃんがまた可愛くて

---アルバムはどんな感じ?
タイトル負けしない、壮大さ、果てしなく進んでいく感じ
Perfume の可能性が伝わってくる

---遂にタイトルが宇宙になりましたが?
あまり壮大なことを言うとちょっと恥ずかしい
タイトルは満場一致で決まりました。

---海外公演の日本との違いは?
英語の歌詞やハミングだけで成り立つ曲が増えたかも?
言葉じゃなくて音だけでも好きになってもらえたら素敵だな、って

---Perfume である為に意識していることは?
髪型を変えてない
パンプスでパフォーマンスする
日焼けをしないこと
内面で言うと、常に素敵でいること




のっち

( のっち の写真では、あの、ウィンナーと呼ばれて本人も気にしている指がじっくり見れます。
 動画とかでもすごく隠しますもんね。
 なぜウィンナーっぽいんだろう?と観察すると、どうやら指の関節が出っ張ってなく、スーっと一定の細さだからのようです。
 実はきれいな形なんだけど、普通と違うから弄られるんでしょうねw
 
 あと、髪の裾の部分が固められて、ヘルメットの淵のようになってます。
 これはちょっと新しい感じですw)


--- どんなアルバム?
気持ちがいいダンスアルバムになったと思います

---テンションが上がった曲は?
やっぱり COSMIC EXPLORER を録った時
Perfume の未来を感じさせてくれるような曲

---Perfume である為に意識していることは?
メンバー、お客さん、スタッフと居る時間が本当に楽しい
そう思えること

---Perfue というカルチャー、スタイルは?
変らない軸に新しい変化をプラスしたコントラストで新しい化学反応を起こしていると感じる

---自分の役割は?
みんな慎重だけど、自分がいい、と思ったことには熱くなれる

--- あ~ちゃん って?
ムードメーカー
いつも励ましてくれて、地震をつけてくれる人

---かしゆか って?
とても冷静
音楽とかマンガとか、趣味が似ている気がします

---最新テクノロジーのパフォーマンスをやっていてどう?
どんどん見てもらいたいし、ワクワクしていたい

---気になるカルチャーは?
ゲームやアニメ
戦国無双をやりこんでいます

(やはり のっち は今でも戦国無双に夢中なんですね!)






続いては興味深い、衣装のビジュアルクリエイション

装苑ならでは!

■SXSW の衣装
ベースはSXSW だが、紅白では スカート部分が立体造形に

■Magic of Love 通常盤の衣装 はピュレグミのCM衣装の発展版
複雑なカットの組み合わせ
WT3rd の衣装にも繋がる

■光る衣装の発展
Spring of Life でLEDライン
LIVE3:5:6:9 のSTORY では面発光となった




■ Cling Cling
MV は踊れるか、のギリギリのところで作った

ぐるんぐるん ではライブパフォーマンス用に仕様が変更

アジア圏の踊り子をイメージした衣装

ライブや出演番組によって布地、トリム が進化している

紅白歌合戦ではチュールレースの裾、オレンジ色のトリム





アルバム初回盤の衣装に関して、

かしゆか
楽曲やアルバムタイトルの逆でギャップを出すことを良くやる
今回はアルバムが壮大だから、ジャケット衣装はポップ
スカートのパターンが2Dの衣装の形とリンクするのはさすが三田さん

あ~ちゃん
みんなが思い描いたPerfume 像の なるべく近くに応えていきたい

のっち
力強いグラフィックの世界に負けない、構築的な衣装
私たちは絵になれた、と思います




Perfume のファッション感

かしゆか
昔はベージュとか着なかったがけど、今は良さが実感できる

あ~ちゃん
衣装を着るとスイッチが入る
普段はワンピースが好き

のっち
普段は着やすくて楽な服
なので、衣装を着ると変身
やはり日常とは別





Pick Me Up の衣装

江戸切子をプリントした幻想的な絵柄




LEVEL3 の衣装

三角形のアクリル板を撮影してプリントに

(なんか透き通った感じのプリントだな、と思ったら、本当に透明な板を撮影したものだったんですね)




三田真一インタビュー

衣装がアーティストのイメージを拡張するツールになれば、世界観に深みを出せて、美しいのでは?と思う

ひとつの衣装に沢山の要素のレイヤーを重ねることで、10年後に見ても通用するものを作りたいと思ってます





Spending all my time の衣装(Toshio Takeda)


寄宿舎に居る女子学生のイメージ

少しづつ個性を持たせた襟の形

独特の色使いは当時のトレンドカラーより



かしゆか
タケダさんのデザイン曲線は本当に綺麗
色あわせもうまい

あ~ちゃん
制服のようなこの衣装を着るときは、どうしても切ない気持ちになってしまった。

のっち
お揃いのようで少しづつ違う
毎回衣装を着させてもらう楽しみでもあります




WT1st の衣装の説明

光沢のあるベージュに黒いラインは、全てスパングルを刺繍したもの
(これは、台湾向けのビデオで言ってましたね)

その下に、赤い衣装を着ていて、早替えを行ったと




---櫻井利彦 さんの語る 衣装の造形 ---

Perfume の場合は踊れることが基本
ストレッチを要所にかけたり、80以上のパーツを要するものもあるので、パターンはCADではなく、全て手作業。

(なんとこのコンピューターの時代に、手でパターンを引いていると!
 最新の衣装は意外と古い技法で作られている(^_^;))




--- Toshio Takeda インタビュー ---

Perfume はパフォーマンスが完璧
毎回3人からは細かなラインの調整まで意見をもらう

(衣装はちゃんと意見を聞くんですね
 確かに、着てみて???ってこともあるでしょうから、やはり一発OK は難しそうです)




--- Perfume を構成する5名のクリエーター ---

MIKIKO

ニューヨーク帰りでハクがついたりもするけど、実は私にとって、ただ挫折しに行ったような期間だった。

(これは他のインタビューでも言ってましたね。
 日本人が真似してもダメだと)



帰ってきて Perfume が人気になっていたので、自分の表現が、これでいい、と言われたような気がして救われた。

中田さんの意見を聞いたことは一度も無い。

曲の裏テーマを自分で設定するようにしている。
例えば、一見明るくても失恋している、とか、3人に言葉で説明しながら作っていく。

ドラマを成立させたい。

誰も気付かないんじゃないか?という、細かい部分を楽しんでいるところがあるw

私にとって、Perfume に関わることは仕事と言うよりライフワーク。

(これは、もし、Perfume の活動が止まったりしたら、Team Perfume も結構大変なショックを受けそうです(^_^;))



年相応が素敵で、肯定したいことだ、というメッセージは Perfume のパフォーマンスを通して伝えていきたいことの一つです。





--- 真鍋大度 ---

3人は テクノロジーに対する適応力が高いので常に助けられている。

---Perfume の仕事で使ってみたいものは?
高精度の3Dスキャンで全ての楽曲を踊ってもらって、未来永劫残るデータとして記録したい。
それをいつの日か、等身大のホログラム で出現させたい。

(これは現在でも出来そうな気がするんですけどね)


あと、彼女たちの DNA を使った香水か花を作りたい

(DNA!!!医療部門にも行っちゃいますか(^_^;))




カンヌライオン のプレゼンテーションで、リハ無しで文句も一つも言わず完璧にこなして、会場の度肝を抜きました。
終わった後、挨拶に行ったら3人と先生が涙を流していて、とんでもなく大変なチャレンジだったんだな、と痛感。

それ以降負担を軽減することにより力を入れるようになりました。

(ただ、あまり守りに入ると面白くなくなりますから、そのさじ加減が難しそうですね)




---真鍋さんにとって Perfume とは?
5年間一緒に仕事をしてきて、彼女たちの嫌なところを一度も見たことが無い。
ライブの現場の緊張感は半端無いんですが、いつでも前向きでスタッフたちのモチベーションを高める姿は、アーティストでもあり、ビーナスの様でもあるな、と感じています。

(ファンとしてみていても、なんとなく分かるんですが、舞台裏の3人の振る舞いというのはそれ以上に凄いものなんでしょうね)





--- 田中裕介 ---

Perfume は特別な存在なので、これが相応しいことなのか?常に自問自答している。

3人の関係をどう描くかも大切にしているポイント
三角形をどのような形で描くのか・・・。

(やはり、意識するのは三角形なんですね)




---FLASH のMVについて

戦う女性のイメージが浮かび、敢えて衣装はカンフーから遠ざけ、戦う美しい Perfume を描こうと思った。
動き辛くて苦労かけたかもしれません。

(なるほど、衣装もセットで考えるんですね!)




--- 印象的なお仕事は?

Spring of Life の撮影の時、体力的にもハードな撮影にもかかわらず、常に楽しそうで、スタッフにも気を使う姿を見て、素晴らしい求心力を持ったアーティストだな、と思った。

(やはり関係者に凄い、と思われる Perfume ・・・ファンが思っている以上に凄そうです(^_^;))




--- 関和亮 ---

楽曲のイメージをどうやったら3人で表現できるか?ということを考えます。

同じことは何度もやりたくない、というのも共通認識としてあります。
初期は未来感のあるビジュアル作りをしてましたが、現在は現代的なことをしているように感じる。

チョコレイト・ディスコ の撮影の時、MIKIKO先生が海外で不在だったが、3人でお互いにチェックしていたのが印象的だった。




--- 吉田 ユニ ---

今回大好きな Perfume に関われてとてもうれしかった。
それと共に、世界観が確立されているアーティストとのお仕事は、とてつもないプレッシャーでもある。

今回のアルバムは壮大さと未来への無限の可能性を保ちつつ、新しい変化になるようにバランスを意識して落とし込んでいった。

3人で集まった時の表情とソロでの表情の差がとても印象的でした。
3人共画作りに対する意識がとても高く、逆に私が新しい世界を引き出してもらったような感覚です。




3人も気に入ってたという、吉田ユニさん 36歳の女性だったんですね。
本当に新しい世界を見出してくれた気がします。
今までのジャケ写とは全然違いますもんね(^_^;)






そして、もう一冊のモード誌
■3/28(月)「Numero TOKYO」2016年5月号
※撮り下ろし&インタビュー

写真見開き6ページ&記事2ページ とかなり誌面を割いてくれています。

160513_2.jpg

写真はもう、本当にイメージチェンジ!
キャップを被っているのが新鮮です!

そして、結構カラフルな衣装。
で、お値段も半端無いです(^_^;)
Gucchi とかですもんね。

衣装の最高値は 
あ~ちゃん の シアードレス 918,000 ですね。
正に、桁違い(^_^;)


あ~ちゃん 、貴族みたいな

のっち マダム

かしゆか もすごいセレブっぽく


最後のページの衣装、シャツの模様にロケットが入ってて、これが COSMIC 感?


あとは、 のっち のスカート姿がとてもレアです
似合ってます(^^)




--- インタビュー ---

---今回撮影したようなスタイルは好きですか?

の)好きです!
  プロフェッショナルなチームだったから、バッチリ Perfume らしさが出ました。

(そうですね、ギリ OK ですかね?w)




ファッションの話で、 あ~ちゃん がバレンタインコーデだったというんで、それはどういうスタイル?

あ)赤を基調にしてトップは赤い羽根プリントの総柄
  ボトムは赤いハートの総柄のスカートというコーディネートですw

(なるほど、色と、ハートでバレンタインw)




--- 好きなブランドは?

あ)カルヴェン・ヌメロヴェントゥーノ が好きかな?

か)マメ が凄く好き。

の)あまりブランドにはこだわらない。

か) のっち は マルニ とか メゾン マルジェラ のイメージあるかも。

(ひょーー!全く分かりません(^_^;))




--- ヒールは普段履きますか?

の)たまにパンツに合わせて履きますよ。

あ)実は伊勢丹さんとコラボした Perfume ダンスヒール っていうパンプスがあって・・・


と、ダンスヒールの話に・・・




---紅白はいかがでしたか?

あ)私達がミスをしないってことが前提としてあったので、その緊張感はありました。

か)衣装は実は3段階。
  SXSW の改良が P10 で着た衣装
  更に改良された、紅白用




--- ニューアルバムについて

か)これまでに比べると、タイトルが長い

あ)間違いなくダンスアルバム
  ジャケットにはあまりコズミック感がない、ギャップが私たちらしくていいな、って思いました。



---ツアーの話

の)アメリカ公演、楽しみです!

あ)P10 の時、何かをつかめた様な気がしたんですよ。
  それを全員で共有したい。




--- 個人的に挑戦したいことは?

か)チャレンジし終わってて、免許を取得しました!
  なんと1月に通いだして、2月には取れました。
  少し長いお休みが貰えてたので、1ヶ月でとりました。
  自分で運転してドライブに行けるようになりたいです。

(ひと月くらい休みを貰ったんでしょうかね?
 でも、連続ではないと思いますが)



の)私は一昨年にとったんですが、全然運転してません。
   かしゆか に感化されたので、今年は自分の運転でドライブしたいですw

(やっぱり運転して無いんですねぇ・・・
 まあ、いろいろと危険ですしね)



あ)私は持ってないんで、助手席のナビ役でお願いしますw

( あ~ちゃん はあまり欲しそうじゃないですねw)




の)一つ行きたいところは、岩手県の龍泉洞
  近くにあまちゃんのロケ地があるらしくて、あまちゃんファンとしては絶対行きたいですね。

(あまちゃんファンでしたかw)




あ)万華鏡が凄く好きなので、とにかく凄い万華鏡を見に行きたい。
  だれか作ってくれないかな?

(これだけ欲しがってるという事は、次の PTA DVD で 作るかもしれませんね)




と、ヌメロ の方は一般的な質問に留まりましたが、両紙とも、それぞれ見応え十分でした!

しかし、今後は、当分ないんだろうな???

次はライブ後の音楽雑誌特集?
でも、これ、国内ツアーが終わったら出そうな気もしますね。

もし出たら、情報解禁と言うことで?
目安にしたいと思います(^^)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/05/13 00:07 ] MAGAZINE | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://perfume0is0the0best.blog.fc2.com/tb.php/1181-9b4e870b