チャットモンチーの"徳島こなそんそんフェス2016”ざっと感想

昨日のこなそんフェスの感想です。



今まで大きなフェスしか行ったことの無い自分には、フェスと言いつつ小じんまりとした地元愛が溢れるフェスでした。

スタンプラリーとか、徳島産の新商品やお土産とか、会場で販売したり配ったり、すだちくんが色々やってたり、地元密着型だなぁとほのぼのw

フードコートも晴れ前提での屋外にテーブルとイスを並べるという潔さ。
降らなくて良かったし、天気も良くまあまあ暖かで結果オーライでしたね。


タイムテーブルにもあったように、結構長時間の休憩が挟まれてて、その間はフードコート集中してなかなか思うように食事も取れなかった、と言うこともあったようですが(^_^;)



しかし、Perfume前の一時間の休憩、どんだけお腹も満たして挑んでね、って事でしょう。
お客さんも気合いを入れざるを得ない状況でしたw



会場に入ってみると席はLと言うことで想像通り左側で、30列目だったけど会場が狭いのですぐ後ろはスタンドの下の壁でした(^_^;)

普通のアリーナなら中盤辺りたと思うので距離は微妙な所でした。

モニターを見るけど、肉眼でも見えるのでどちらかというとステージの3人を殆ど見てましたね。


左側と言うことですごろく の時から のっち サイドに行けてません。
残念!



しかしこの会場の狭さは6月のワンマンでは期待できます。
どこでも神席になりそうですね。

ある問題を除いては(^_^;)



音響もアレイシステムがステージサイドに吊ってありましたが、かなり良かったと思いました。

あの会場は音響を考えてあるのかな?と思わせる作り?

ステージサイドは大きなモニターが、壁に埋め込まれ、その両端からはステージからこちらに広がるような壁になっていて、奥に音が回り込まないのが良いのかな?と思ったり。

狭いからあまりレベルを上げてないのかもしれません。




ただ、先程ちょっと触れた問題は、ステージの幅が狭い!

大阪のリクエステージを思い出しました。

あの時は左右は機材で埋まってましたが、今回は壁でそこにモニターが、埋まっています。


ワンマンの際は多分幅的に足りなくなると思われるので、あの壁とモニターが外せるのかな?と気になります。

あのままでは前の方の席になったとしても端だとかなり観にくい状況となってしまいます。



Perfume のステージはまあ、安定。
いつものフェスの乗り。
どこでも安定。
会場をホームに変えていました。

意外だった

ナチュラルに恋して

をやってくれて満足でした♪
大好きなんでw



回りのお客さんが全員楽しもう!っていう雰囲気が伝わってきて良かったです。

あまりにみんなが合わせてフリをするんで、隣の人はちょっと驚いていた感はありましたけど(^_^;)



あ~ちゃん のトークも徳島、チャット主催ならではのホンワカしたもので良かったです。

あれだけ主催側のことを思いやったトークをするのはすごいな、と他のアーティストのトークと比べて思いました。
さすが あ~ちゃん 。



そして、最後の阿波おどり、絶対 Perfume は踊るだろう、って思ってたのに出てこず、残念!

ここで帰って行った人も居ましたね(^_^;)



所が、途中から出てきて法被を羽織って踊ってました。


思わず、キターーー!って叫びましたねw



阿波おどりは、

あ~ちゃん は上手い!
かしゆか も色っぽい!
のっち はオリジナル?

って感じでしたか、法被を着た Perfume は貴重でした。


3人とも楽しそうに踊ってました。
良かった良かった。


何よりチャットが楽しそうで良かったw



しかし、フェスでお客さん全員で阿波おどり踊るなんて良く考えると凄いです!
いい経験できました。
阿波おどりも覚えたしw


また、徳島のワンマンでも踊りそうですね!
会場全体で阿波おどりw



あと、徳島でライブをしたこと無くて初徳島です!、と言うアーティストが多くて、それはやはり会場の問題もある訳で、それを今年 Perfume が先陣を切ってワンマンをやれば実績ができて!徳島は Perfume やったよね、とライブ会場リストに載ってくる可能性も大かと思いますね。

そういう意味合いでも Perfume 陣営は色々考えているのかもしれません。

地方にもライブを!とw



終了後、昔からの徳島の知り合いのオフ会に参加して、徳島のファン熱い!って思いました。

楽しかったです♥


また6月も来れそうなので、楽しみにしてます♪
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/02/29 00:07 ] LIVE | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://perfume0is0the0best.blog.fc2.com/tb.php/1086-200b7875