Perfume と 東京オリンピック  リオオリンピック旗 引渡し式に MIKIKO先生?

こんなニュースが

160128.jpg

3人組音楽グループ Perfume の演出家・振付師 MIKIKO氏、と書かれています。
近未来型テクノポップユニットじゃないんだ・・・ちょっと新鮮ですw


メンバーを書き出すと、

プランニング班
佐々木 宏(クリエイティブディレクター)
椎名林檎(音楽家/演出家)
菅野 薫(クリエイティブテクノロジスト)
MIKIKO (演出振付家)

アドバイス班
宮田亮平(東京藝術大学学長/文化・教育委員会委員長)
竹内 誠(東京都江戸東京博物館館長)
小谷実可子(オリンピアン/東京2020オリンピック・パラリンピック招致アンバサダー)
田口 亜希(パラリンピアン/一般社団法人日本パラリンピアンズ協会理事)



これは何でしょう?


まず、引継ぎ式 というのは、

アントワープセレモニー (オリンピック旗引継ぎ式)

1920年アントワープオリンピックからオリンピック宣誓が行われ、初めてオリンピック旗が掲揚されました。
旗は開会式で掲揚され、閉会式で降納されます。閉会式で開催都市の市長よりIOC会長に返納された旗は、次回オリンピック開催都市へと引き継がれるのです。
この一連の引継ぎ式は「アントワープセレモニー(オリンピック旗引継ぎ式)」と呼ばれ、今大会に参加した選手や開催都市の健闘を称えるとともに、その感動と興奮が次回開催都市へと受け継がれる瞬間です。



だそうです。

記事の最後に書いてあるように、時間は8分と短いようで、過去には 08年 ベッカム  12年 ペレ が登場したと。

となると、今回は、錦織選手とか?ですか?w


で、そのセレモニーの演出を考えるのが MIKIKO先生もメンバーに入っている プランニング班なんですね?
それにアドバイスするのが、アドバイス班?なんでしょう。



そして、今回PRする内容は、

リオ五輪でのPR内容は、これまで文化教育委員会、アスリート委員会などで検討が行われ、若者や子どもたちが参加できる参画型コンテンツにする、東日本大震災の復興支援への感謝を世界に表す、東京2020大会ビジョン(全員が自己ベスト/多様性と調和/未来への継承)を体現する、などがポイントとして示されている。

前回2012年のロンドン五輪では、サンバ隊やブラジルの歌手、ラッパーが登場、音楽やダンスによる演出がなされ、招致活動に尽力したサッカー元ブラジル代表のペレ氏も登場するなど話題を呼んだ。リオ五輪でも、東京・日本の魅力を伝え、4年後への期待を高める新しい演出が望まれる。


とのことです。

音楽やダンス、というところが気になります。

やはり、林檎さんが 音楽に関しては パフォーマンスしそうな気がしますね。
あの紅白でやったような感じ、日本調で海外では受けそうです。




そして、今回のニュースでの注目点は、プランニング班の面々ですね。
Perfume と縁のある方々が並んでいます。

これは何か、2020年の開会式では Perfume が??? と思えてしまいますね。



実際、大きな目標を立てた、信じた道を進む、と一時期 あ~ちゃん が言っていて、その後ドキュメント映画が上映されたんですが、最後に語られたあれがその大きな目標なのか?と考えた時、ちょっと小さいかな?と思えるんですね。


となると、やはり既に オリンピックの開会式でパフォーマンスする、と決まっているんじゃないかな?なんて思っています。
それを目標に頑張る!ということではないか?と。
そして、それが終わったら・・・・(T_T)



あと、4年ですか・・・でも、あっという間だと思います。

それまで Perfume が今以上に活躍してくれているか?と不安もあります。

でも、もし、セレモニーでパフォーマンスするんであれば、この目でしっかりと見届けたいと思います(^^)!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/28 00:07 ] WEB | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://perfume0is0the0best.blog.fc2.com/tb.php/1053-a4347ed5