2015年 第66回NHK紅白歌合戦 Perfume ”Pick Me Up” 披露  演出の分析

さて、長くなると思って分けた歌唱編です。
案の定、長くなりましたw

そして、内容を観て驚いたんですが、ほぼ予想通りでした(^_^;)
しかし半信半疑で書いたので、まさか本当にやるとは!って度肝を抜かれましたが・・・。

始まるまで、何をやるんだろうか?っていうのは大体予想できたけど、失敗しないかな?っと言う方が大きく、心配でドキドキが止まりませんでした(^_^;)
3人や Team Perfume は尚更だったでしょうね。


展開を追ってみました。
動画は残念ながら・・・X(^_^;)

SXSW のような網戸スクリーンをどこに持ってくるのか?と思っていましたが、最初から持って来ましたね!

効果音と共に、真っ暗な中から3人の姿がプロジェクションで下から徐々に現れます。
そのプロジェクションの像の後ろに3人は隠れています。
160102_1.jpg


そして、両端の かしゆか と のっち がスクリーンを移動し、間隔を広げます。
この時プロジェクションは完璧に付いてきていますので、それぞれの位置はセンサーでリアルタイムに把握され、動きに応じてプロジェクションが追いかけていってると思われます。

プロジェクションが弱まり、薄っすら姿が確認できました。
網戸の取っ手を持って定位置に置いている所だと思います。
160102_2.jpg

真っ暗になり、無音の中、響き渡る Pick Me Up!の かしゆか の声。
それに合わせて先ず上の方に Pick Me Up の文字が映し出され、2回目は下の網戸スクリーンに映し出されました。
そして、レーザーと薄っすら当る照明に現れた3人はセンターのスクリーンの後ろに集合
160102_3.jpg
やっと実像がハッキリ見えましたが、こうしてみると SXSW の時と比較して、網戸の巨大さが目に付きます。
高さはあるし、両サイドにも少し小さめの面が追加されていて、かなり大掛かりなので、結構重いのでは?

そして、角度の付いた両サイド面にもプロジェクターの映像が映されているので、かなり面積的にも広いです。
紅白の舞台が SXSW よりも大きいので、スクリーンも大きくしないと見栄えが悪かったのでしょう。



曲がスタートし、イントロ部分を激しく踊る3人
160102_4.jpg

この部分では実写で、移動式(プログラムされたクレーンカメラ?)により傾きながら寄った後、また傾きながら引きます。
後ろの LED の映像もかなり凝っています
160102_5.jpg

そして、Aメロではセンターのスクリーンの後ろのまま、歌いだします。
両側の網戸には赤外線映像のようなカラフルな2人の映像が映し出されます。
160102_6.jpg

その後歌いながら かしゆか と のっち が両サイドのスクリーンの後ろに移動

照明とスクリーンへのプロジェクションとで浮かび上がります。
160102_7.jpg

その後、暗くなり、プロジェクションの映像のみとなっている間に、3人はスクリーンの横から回りこみ、life の瞬間、照明と共にプロジェクションと入れ替わるように中央に現れました。
160102_8.jpg

のっち の張る部分も、いつもは2人の前を横切って左後ろに移動しますが、今回は位置が離れている為、右側のまま寄ったのみ
160102_9.jpg

かしゆか も左側でいつものフリをします。
何故かこの日はぱっつんが真ん中割れしていましたw
160102_10.jpg
むむむ?
今まではマイクが右側から生えていましたが、今回は左から?
ステーも細い感じに見えます。
2016年度バージョン???


たいせつな~おもいが~ を あ~ちゃん が歌っている間に のっち かしゆか は前を横切り、正規のポジションに移動
パントマイムのフリは通常通りですが、プロジェクションの光を浴びながらやっています。
160102_11.jpg
ここら辺りで明らかになった衣装ですが、

SXSW の衣装をアレンジした?とも考えれますが、多分新作でしょう
150911_2.jpg

色使いとか 貞本さんの メルセデス イラストっぽい!ですね!
151128_20.jpg

発表会の衣装の雰囲気も?
151202_30.jpg


運命感じる、も通常通り
160102_12.jpg

3
160102_13.jpg
ちょっと怖いw
この後笑うんですけど

2
160102_14.jpg

1
160102_15.jpg
おっと、1 は かしゆか のドアップになってしまいました(^_^;)

最初のサビは通常通り。
のっち の動きの激しさが伝わってきます。
160102_16.jpg

サビが終わった後の間奏ですが、急にカメラが切り替わった感じになり、何かが起こる予感。
160102_17.jpg
やはりこれが 定点カメラ1 のようです

すると、ここから 3DCG に切り替わり、バーチャルの世界でカメラが自由に動きます。
衣装は忠実に再現されていて、表情も薄っすら分かり、肌の色や表現もかなりリアリティがあり、SXSW の時よりもクオリティが上がっています。
160102_18.jpg
バックのLEDの表現はちょっときつ過ぎますが(^_^;)
でも、その演出効果もシンクロしています。

CG を経て、定点カメラ2 に移動して実写に切り替わり、
160102_19.jpg

再び 3DCG に切り替わり、今度はグルリと大きく回転してカメラが移動しているように見せます。
160102_20.jpg

そして、定点カメラ3 の実写に繋ぎました。
160102_21.jpg

再び 3D に切り替わり、カメラが移動
160102_22.jpg

かなり遠くまで離れます
160102_23.jpg

まだ離れます!
160102_24.jpg
右上の LIVE の文字が、この凄さをひっそりとアピールしますw

そして、センターに戻ってきて、
160102_25.jpg

定点カメラ4? に繋ぎます。
160102_26.jpg

この後は驚いたことに、サビの部分は映像に任せます。
踊る プロジェクションマッピングの3人の映像。
3人はスクリーンの後ろに回り、スクリーン移動の準備
160102_27.jpg
右が あ~ちゃん 中央は のっち 、左は かしゆか と映像と同じスクリーンの後ろへ移動

それを持って移動しながら中央へ。
160102_28.jpg

踊っている映像は変化しながらサビをガンガン踊っています。
それを持って結構なスピードで移動させる2人。
中央で交差して、右の あ~ちゃん は左側に、左だった かしゆか は右に移動しました。
160102_29.jpg

映像が替わり、パッと照明が当たって、その場に突然現れたように踊る3人
160102_30.jpg

その後、 のっち も横から回り込み、スクリーンの前に出てきて、左右からも2人が集まり、
自由になれるわ~ のエンディングの部分
160102_31.jpg

ここでちょっと不自然にカメラが切り替わり、定点カメラ1 へ
実写にCGを被せています
160102_32.jpg

カメラ間をパンしているような雰囲気の繋ぎで定点カメラ2 に切り替わり、実写に加えて、CG の演出を被せます。
160102_33.jpg

同様に、定点カメラ1 に移動
CG 演出は結構派手に
160102_34.jpg

短期時間で、定点カメラ3 にグイっと移動
CG演出は各カメラからの角度にずれが無いようにシンクロしています。
160102_35.jpg

定点カメラ1 に戻って、CG演出がキラキラ!
160102_36.jpg

またまた短時間で次のカメラに移動ですが、これは 定点カメラ2 ではなく、最初のクレーンカメラ?
160102_37.jpg

そして、最後に 3Dバーチャルに切り替わり、またまたグルリと回転します。
160102_38.jpg

これは LIVE です!w
160102_39.jpg

グルリと回って、センターに戻って来ました
160102_40.jpg

ラストは 定点カメラ4 に切り替わり、多分実写だけの映像に
にしては、レーザーとかLED の演出が凄いです!
まるで CG の効果のよう
160102_41.jpg

ドーーン!とエンディング
レーザーでは無く、強烈な細いビーム照明に照らされています。
ちょくちょくフェスやライブでも見たことある気がしますが、これも最新鋭の機材なのでは?
160102_42.jpg

ラストは照明が落ちて、ビームのみに
かしゆか の脇を通る2本のビームがカッコいい!です!
160102_43.jpg
これは明らかに、GAME や edge の世界
Pick Me Up がこんなにカッコよく生まれ変わりました!

終了後の3人はそれぞれ。
真っ暗なのに、すぐにお辞儀する のっち
160102_44.jpg
ここが、合わない、と あ~ちゃん から言われる のっち なのかもしれませんw

ぱっと起き上がる のっち
少し間を空けて、お辞儀する あ~ちゃん と かしゆか
160102_45.jpg

お辞儀し始めは同じだったけど、更に深くお辞儀する かしゆか
160102_46.jpg

ラストは笑顔で(^^)
160102_47.jpg

という感じでした。
圧巻でした!
ある程度知識のある、Perufme ファンでも、お???ん???の連続だったし、これはじっくりビデオで見直さないと詳細は分かりませんが、凄いインパクトはあったと思います。


カメラの動きや演出の展開が早すぎて、じっくり3人を、Pick Me Up を観れたか?というと疑問は残りますが、一発、インパクト勝負の紅白ならこれもありでしょう!


一般の視聴者にも なんかよく分からないけど、凄かった! という印象は持たれたんでは無かったか?と思います。
いろいろ細かく知りたければ、どっぷり沼にハマってもらえばいいですし、ライブで体感してもらうのが早いですよねw




ということで、始まる前からドキドキ!
終わってからも暫くは興奮が冷めやらぬ、という凄いステージでした!

ハッキリ言って、紅白歌合戦? 歌合戦という枠を超えたと思います。
最先端のパフォーマンスを見せる場所?
いや、ただの歌合戦だったのを、Perfume が凄い方向に引っ張ったと思います。


しかし、そのすぐ後が、ラスボス・・・紅白の視聴者には、何か凄かったけどよく分からないこれより、分かりやすいそちらの方が印象に残っている人も多いかもしれませんねw


と、思ったけど、実際集計がとられていて、結果では Perfume がダントツ!
どうやらラスボスは特別企画で歌の対象では無かったようですねw

やはり 世間にも凄さが届いたようで、うれしいです!

紅白歌合戦、紅組で最も印象に残ったアーティストは? - Y!ニュース意識調査

投票がまだのファンの方は、是非!Perfume に 一票を!m(__)m



最後に、終了後の Tweet を紹介

160102_48.jpg

160102_49.jpg

160102_50.jpg

感動を与えてくれてありがとうございます!
今年の Perfume そして、Team Perfume の活躍を 期待します!
本当に凄かった!

以上、紅白でした!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/02 00:07 ] TV | TB(0) | CM(2)

最強・最高の組み合わせ!

今回のパフォーマンスは本当に圧巻でしたね。
今までのパフォーマンスよりも最高だったと思います。
何しろ、SXSWで培い、
尚且つ観客を魅了させたあの演出技術を、
(曲は違いますが)ほぼそのままスライドするんですから。
その演出をテレビで観られるなんて、
とにかく「凄え!」と大興奮、
もう幸せでした。
本当にPerfumeとライゾマの組み合わせと連携は、
最強・最高です。

最強・最高といったら、
このパフォーマンスの後、
ラスボス=小林幸子さんでしたから、
「Perfumeから小林幸子さん」という流れも、
非常に最強・最高でした。w
あちらもあちらで印象に残りました。
パフォーマンスの終盤、
テレビ画面に弾幕が流れるのは衝撃的でしたね~。
このPerfumeと小林幸子さんのパフォーマンスが非常に良かったのか、
今回、紅組が優勝したのもわかる気がします。
[ 2016/01/02 20:47 ] [ 編集 ]

Re: 最強・最高の組み合わせ!

ヒーハーさん
本当に最高でしたね
今後、もっと新しいことをやれるんだろうか?というのが心配になるくらいですw
そう、紅組が優勝というより、Perfume が優勝?って思いましたw
[ 2016/01/03 12:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://perfume0is0the0best.blog.fc2.com/tb.php/1020-074e7ff7